岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-09-22 09:38:14 (103 ヒット)

 奥州農村ワーキングホリデー研究会(高坂泰詔会長、会員34戸)は今年も、農繁期の働き手として大学生の受け入れを始めた。県内外から学生40人超が胆江地区を訪れ、農家と寝食を共にしながら稲刈りや野菜の収穫、牛の世話、家事などを担当。農家は若者との交流に刺激を受け、学生は農山村の魅力や課題を肌で感じている。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-09-22 09:36:26 (101 ヒット)

【1面】
イノシシ食害 阻止へ本格始動 地域/行政/猟友会スクラム 農家らが捕獲サポーター わな設置や管理補助(モデル地区の衣川南股)
農村と若者 結び7年目 援農ワーキングホリデー 県内外から学生、今秋も(奥州研究会)
町立幼稚園の再編計画 素案に意見要望(金ケ崎町議会)

【総合】
リニューアルへ学生の視点 ものつくり大学(埼玉)と連携 屋上温泉など施設デザイン(金ケ崎のホテルみどりの郷)

【社会面】
高齢者絡む事故防止に力 早まる夕暮れ、危険増す冬も意識 胆江各地で啓発活動(秋の交通安全運動)
駒形神社の松折れ停電 ヒガン系桜(県指定記念物)も被害(水沢)
カゲロウ大量発生 死骸でスリップも 県南局、注意呼び掛け(土木部河川環境課)
平和の鐘 響き高らか 災害復興も願う(衣川ユネスコ)

【第2社会面】
怪談和尚 話術巧に 説法交え、笑いも(水沢・妙法寺)
広がる視野 成長の糧に 豪州派遣研修の市内中学生 異文化体験、成果を報告(市役所江刺総合支所)
古布にデザイン性 ぬくもりのキルト 大船渡の及川さん(水沢出身)作品展 梅小花であすまで(水沢)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-09-21 09:40:09 (127 ヒット)

 後藤新平ゆかりの石灯籠を旧水沢市に寄贈した東京都立川市の岩崎吉一(よしかず)さん(74)がこのほど、水沢大手町の後藤新平記念館(佐藤彰博館長)を見学。新平の功績や人柄にあらためて感銘を受けていた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-09-21 09:38:14 (149 ヒット)

【1面】
レース中止 異例の事態 所属競走馬の禁止薬物問題 全頭検査で間に合わず(岩手競馬)
彼岸の入り 秋色出迎え(胆江地方)
実現へ市民応援の輪 サポーターズ運動に賛同 水沢・羽田地区民687人が署名(ILC誘致)
付帯意見は13項目 17年度決算「認定すべき」(市議会定例会審査特別委)

【総合】
住民不安 考慮し審議を 一関拠点市民団体 学術会議に意見書(ILC誘致)
女性の社会進出 変わるライフスタイル 「食」ニーズ 多様化の波 メーカー222社、創意工夫PR(金ケ崎メフレ展示商談会)
環境の保全活動 地域住民に報告 東京エレクトロンテクノ(江刺)

【社会面】
どんな世界表現している? 本県出身演奏家が音楽会 児童 想像力をフル回転 クラシック音楽味わう(前沢小)
後藤新平ゆかりの石灯籠寄贈者 岩崎吉一さん来水 記念館見学
新規に大型紙芝居も 第3回審査で6件認定(市民提案協働事業)
高齢男性はねられ死亡 県道交差点横断歩道上 普通車運転の男逮捕(前沢字田畠)

【第2社会面】
「農泊」推進へ始動 馬と歴史で体験交流 あすからモニタープラン(衣川)
「行けるはず まだ渡れるは もう危険」 きょう運動スタート(秋の全国交通安全)
駒形神社宮司杯 民謡民舞 観客を魅了(水沢)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-09-20 09:38:25 (205 ヒット)

 金ケ崎町の(株)グラスヒル和光(矢作実社長)は22日、同町西根和光の和光地区研修集会所隣接地に加工販売施設「牧草の丘」を開店する。完成した施設内では、地元産牛乳を使用したこだわりのジェラート作りが本格化。将来にわたり酪農生産を継承し、住み続けられる地域づくりを目指し思い描いてきた地域住民の夢が動きだした。


(1) 2 3 4 ... 144 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動