岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-03-29 09:39:57 (89 ヒット)

 前沢白山字清水畑の鈴木まゆ子さん(48)は、子どもの見守りやお年寄りへの声掛けなどをしながら地域を走る「パトロールランニング」(パトラン)に取り組んでいる。鈴木さんと地域住民有志は28日、イオン前沢店を発着点に前沢地域の小中高校の通学路を走る活動を展開。新年度を前に地域の危険箇所を点検し、子どもたちが安心安全に通学できる環境を整えた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-03-29 09:38:16 (84 ヒット)

【1面】
寄り添う在宅医療と介護体制構築 支援充実へ連携拠点 推進室に設置(市)
早咲きの桜 笑顔に映え 間もなく春本番(水沢・秋葉公園)

【総合】
新型コロナで中止相次ぐ企業説明会 就活支援へサイト特設 各種情報まとめて発信(県)

【社会面】
安全安心願い駆ける パトロールランナーの鈴木まゆ子さん 地域見守り環境美化も 活動充実へ仲間募る(前沢白山)
市内3スキー場の在り方巡り議論 利用者ら継続求める 「三つ」困難の見方も(検討委)
新型コロナで延期、規模縮小 書初め表彰式 入賞者に盾など贈る(衣川ユネスコ協)
方言交え昔話 情感豊か 新年度も毎月開催(金ケ崎伝建群)
社会人リーグ、5月開幕 新規チーム募る(奥州サッカー協会)

【第2社会面】
初の上級、3人突破 水沢で合格証授与式(奥州おもしろ学検定試験)
昔ながらの良さ体験 地元素材でみそづくり(えさし郷土文化館)
資金融資を円滑支援 創業者向けに新制度(水沢信金日本公庫)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-03-28 09:40:43 (564 ヒット)

 国立天文台(常田佐久台長)は水沢VLBI観測所(本間希樹所長)に対し、同観測所を拠点に実施しているVERA(天文広域精測望遠鏡)プロジェクトを今年6月中旬に終了させ、20(令和2)年度の同観測所予算も前年度の半分に大幅削減すると通知した。27日、同観測所が明らかにした。同観測所管理下の国内4観測局は、水沢を除き運用を停止。VERAを用いて研究をしていた天文台内外の科学者はもちろん、海外の天文学界に与える影響は大きい。本間所長は「日本の天文学、基礎科学の今後に関わる問題。若い人材も育たない」と指摘。「今すぐ施設が閉鎖するような話ではないが、今回のような急激な方針提示がある状況を鑑みると油断できない」としており、基礎科学研究の将来のみならず、緯度観測所時代から地域社会や文化に貢献してきた施設の存続にも危機感を募らせている。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-03-28 09:39:10 (133 ヒット)

【1面】
VERA 6月で終了 新年度の予算半減 施設存続 募る危機感(天文台水沢)
事業資金融資を円滑化 コロナ経営悪化に対応(市あっせん条例改正)

【社会面】
幸せ量産 ラインオフ 新小型車市場投入 東北の復興後押し(金ケ崎・トヨタ東日本岩手工場)
小中高生の施設利用 4月末まで制限継続 スポ少活動も自粛(市)
桜祭り中止に 水沢、前沢、胆沢はぼんぼり点灯 江刺 例年通り開催
特措法受け県本部拡充 感染男性本県滞在 濃厚接触者は陰性(対策本部員会議)
前沢・太陽光発電巡る住民訴訟 原告市民の訴え却下(盛岡地裁判決)

【第2社会面】
ブランド再構築へ一丸 総会で事業計画承認(JA江刺のりんご部会)
家族と共に喜ぶ長寿 胆沢若柳の土谷ハシメさん 笑顔広げ満100歳


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-03-27 09:38:06 (200 ヒット)

 市新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・小沢昌記市長)は26日、感染拡大防止に向けたイベントなどの対応方針を改訂した。4月1日から当面の間、参加者が主に市民か県内在住者に限定される催しや会議・集会は、感染予防対策を講じた上で開催できると明記。県外参加者や不特定多数の集客が見込まれる大規模イベントは、リスク対応が整わなければ中止か延期とすることを盛り込んだ。


(1) 2 3 4 ... 145 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動