岩手県奥州市、金ケ崎町の地域紙。第2回ふるさと新聞アワード(2022)グランプリ & Googleアワード受賞。
胆江日日新聞
pickup : 新議員16氏に当選証書 町政課題解決へ決意(金ケ崎町議選)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2024-02-20 09:39:14 (365 ヒット)

 金ケ崎町議選の当選証書付与式が19日、同町役場で行われた。前日に当選した新議員16人は、町選挙管理委員会の宮舘敬委員長から証書を受け取り、今後4年間の任期を見据えて気を引き締めながら、町政課題解決へ向け決意を新たにした。前回選に続きトップ当選を果たした平志乃氏(43)=幸福実現=は「多くの方からの期待を受け止め、しっかりと精進していく」と意気込んだ。町議会は3月4日招集予定の臨時会で、正副議長を含めた新体制を決める。

 前回選と同じ定数16で争った今回選は、現職13氏、新人4氏の計17氏が立候補。13日に告示され、18日に投開票が行われた。
 付与式で宮舘委員長は、「人口減少時代を迎え地方は将来設計が難しくなっており、町民から信頼を得た責務はますます重みを増している。住民の福祉向上と町の発展に活躍されることを期待する」と激励した。
 来賓として出席した高橋寛寿町長は「人口減に立ち向かう施策を推進していくため、議員の皆さんと力を合わせて取り組んでいきたい」と祝辞を述べた。
 付与式後の取材に応じた平氏は得票数(865票)について「多くの期待の表れ」と表情を引き締め「草刈りが困難になってきているという住民の声も多い。環境整備の手だてを講じられるよう、学びながら議員活動に臨んでいく」と力を込めた。
 新議員の中で最多(7回)当選となった伊藤雅章氏(74)は「これまでの経験を土台に議員としての決意を新たにした」と話し、「今回選で住民の視線が厳しいものがあると実感している。なり手不足の問題にも議会一丸となって取り組んでいきたい」と語った。
写真=当選証書を受け取る平志乃氏


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動