岩手県奥州市、金ケ崎町の地域紙。第2回ふるさと新聞アワード(2022)グランプリ & Googleアワード受賞。
胆江日日新聞
pickup : 春キャンプで魅力体感 地域おこし協力隊大塚さん、振興会と連携 体験型地域振興目指す(衣川南股地区)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2024-05-12 09:37:50 (364 ヒット)

 衣川地域を拠点に活動する奥州市地域おこし協力隊の大塚嘉恵さん(47)と、北股・南股両地区振興会によるキャンプイベント「春キャンプin南股地区センター」は11日から1泊2日の日程で、同地区センターで開かれている。市外の事業者や他地域の同協力隊、衣川の特産品を使った飲食物、体験メニューなど多種多様な出店もあり、大塚さんが目指す体験型の地域振興の形が具現化しつつある。常連参加者のアウトドア仲間や家族連れらは、大自然でのひと時を楽しみ、衣川地域の魅力を体感している。

 23(令和5)年7月の着任当初からアウトドアの取り組みで地域活性化を図っている大塚さん。衣川地域ではこれまでに、北股地区センターで2回のキャンプイベントを成功させており、今回初めて南股へ会場を移した。
 事前予約で約50人が参加を表明。当日の飛び入り参加や日帰りで立ち寄る人もいた。会場には飲食や出張マッサージなどの出店14店舗が立ち並び、参加者は開放的な空間で交流も楽しんでいた。恒例の鬼ごっこ企画なども実施した。
 大塚さんは「過去2回は衣川地域外からの参加者が多く、衣川の魅力を外の人に知ってもらう側面が強かった。今回はこれまでの盛り上がりを受けてか、衣川住民の参加が増えており、とてもうれしい。衣川を好きな人、衣川で頑張っている人を応援する場であり続けたい」と思いを語る。
 キャンプイベントは今後、両地区センターを持ち回る形で月に1回程度開催していく予定。8月には衣川地域内で行われる花火大会に合わせて実施する。
写真=晴天の下、南股地区センターでキャンプを楽しむ参加者たち


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動