岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : ボクシング・八重樫選手“参戦”へ 尾田さん(トヨタOB)は3年連続 申し込み 前年並みで推移(6月開催の金ケ崎マラソン)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-04-18 09:49:06 (394 ヒット)

 第35回金ケ崎マラソン大会は6月4日、金ケ崎町森山総合公園陸上競技場を発着点に開かれる。日本陸連公認レースのハーフ(21・0975キロ)など4部門25種目に、今月13日現在で857人・組がエントリー。ゲストランナーには、トヨタ自動車陸上長距離部OBの尾田賢典さん(2011テグ世界陸上マラソン日本代表)ら4人を迎えるほか、ボクシングのIBFライトフライ級チャンピオン、八重樫東(あきら)選手がスペシャルゲストとして参加を予定している。申し込みは、郵便振り込み今月20日、インターネット申し込み同26日まで受け付ける。

 初夏の金ケ崎路で健脚を競う恒例の大会。インターネット申し込みの導入などにより、年々出場者数が増加。今年は、開催2週間前に「いわて奥州きらめきマラソン」が初開催されることから、影響などが懸念されていたが、過去最高となる2074人がエントリーした前回大会並みのペースで申し込みが推移している。
 実施種目は▽ハーフ▽10キロ▽5キロ▽3キローーの4部門で、年代や性別で分類し25種目を繰り広げる。ゲストランナーには、3年連続参加となる尾田さんのほか、トヨタから伊藤佑哉選手、デンソー女子陸上長距離部からは水口侑子選手と和田さくら選手が参加し、走る楽しさを伝える。
 健康に自信があれば、町内外問わず誰でもエントリーできる。参加料は一般が3000円、小中高生1500円、家族ペア(1組)3500円。出場希望者はインターネットサイト「RUNNET」でエントリーするか、所定の郵便振替用紙に必要事項を記入して申し込む。用紙は町文化体育館で配布している。
 問い合わせなどは、同体育館内の大会実行委員会事務局(電話44・3010)へ。
 実施種目は次の通り。
 ▽ハーフマラソン…男子(高校生除く18ー39歳、40歳以上)、女子(高校生除く18歳以上)
 ▽10キロの部…男子(16ー29歳、30代、40代、50代、60代、70歳以上)女子(16ー39歳、40代、50歳以上)
 ▽5キロの部…男子(中学生、高校生除く18ー39歳、40ー59歳、60歳以上)女子(16ー39歳、40代、50歳以上)
 ▽3キロの部…家族ペア、男子(小学生、50歳以上)、女子(小学生、中学生、40歳以上)
写真=前回大会でハーフ出場選手と一緒に走る尾田賢典さん(中央)


購読のお申込み
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動