岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 一輪車レース 輝く県3冠 アルスノーバの渡辺悠菜さん(水沢一高1年) 2年ぶり2度目の快挙 記録更新へ意欲「次の目標」(前沢)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-09-25 09:45:55 (458 ヒット)

 前沢一輪車クラブ・アルスノーバに所属する私立水沢第一高校1年の渡辺悠菜さん(16)=前沢区平前=が、県一輪車競技大会(岩手一輪車協会主催)レース部門で3種目に出場し、いずれも中学以上の部で優勝を果たした。2年前も同じ3種目で優勝しており、2年ぶり2度目の3冠を達成。「落ち着いて自分のペースでゴールできた。来年はタイムもさらに縮めて優勝したい」と意欲をのぞかせる。
 同大会は8月27日、北上市総合運動公園陸上競技場で開催された。岩手県大会といえど、本県のほか青森、山形、東京など6都県から13チーム約140人が出場。▽400メートルスプリント▽100メートルスプリント▽50メートルスプリント▽50メートル片足レースーーなど全8種目でそれぞれタイムを競い合った。

 渡辺さんは400メートルスプリント、100メートルスプリント、50メートル片足レースに出場。いずれも中学以上の部でトップのタイムをたたき出した。
 2年前にも同じ3種目に出場し、全て大会新記録で優勝を果たした渡辺さん。今年は自身の記録更新も含めた再度の3冠を目標に練習に励んだ。
 アルスノーバの一員として、7月には全日本一輪車競技大会にも出場。グループ演技部門4位入賞に貢献した。レースの練習期間は、大会終了からの正味1カ月。天候の都合で外練習も思うようにできない日々が続いたものの、「数少ない練習では常に本番をイメージし全力で臨んだ」と振り返る。
 「本番では皆の応援も力に変えて頑張れた。記録更新できなかったのは悔しかったけれど、3種目で優勝できうれしかった」と顔をほころばせる。
 来年の目標は、タイムをさらに縮め、大会新を更新しての3冠死守。「一輪車はレース、演技どちらも異なる魅力があり、楽しい。今後もそれぞれに頑張っていきたい」と目を輝かせた。
写真=県一輪車競技大会レース部門に出場し、3種目で優勝を果たした渡辺悠菜さん


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動