岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 金色の風に満面の笑み 県プレミアム米、園児が試食(江刺)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-11-10 09:43:36 (240 ヒット)

 県オリジナル米の最高級品種「金色の風」の試食会が9日、江刺区愛宕の保育園暁学園(有馬暁山園長、園児97人)で開かれた。園児たちは炊きたてのご飯を頬張り、うれしそうにプレミアム米の風味を味わった。
 金色の風の生産地域に住む子どもたちにも賞味してもらい、親しみや知名度を向上させようと企画。主催した県南広域振興局農政部によると、同品種の県南地域での子ども対象の試食会は初めて。

 園舎ホールには2ー5歳児66人が集合。有馬園長が「今日食べた金色の風のご飯の味を、家でお父さんやお母さんに教えてあげてください」と呼び掛けると、園児たちは元気よく返事をした。その後、金色の風PRキャラクター「こんじっち」の着ぐるみが登場し大騒ぎに。こんじっちへの質問や同部職員による米の説明を聞き、お待ちかねの試食に移った。
 園児は「すごく白い!」など口々に話しながらご飯をぱくり。年長の川村樟(しょう)ちゃんは「甘くておいしい!」と勢いよく頬張り、満面に笑みを浮かべた。
 同部の遠藤和歌子主査は「おいしそうに食べている様子を見ると、金色の風の甘みが子どもにも好まれているのが分かり、うれしくなった。炊きたてだけではなく、冷めてもおいしいので行楽時のおにぎりなどでも味わってほしい」と話していた。
写真=県オリジナル米の最高級品種「金色の風」をおいしそうに頬張る子どもたち


購読のお申込み
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動