岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 子牛平均取引価格 2カ月連続で80万円台 県南市場で初競り(胆江気仙分)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-01-11 09:36:31 (193 ヒット)

 県南家畜市場=江刺区=で10日、胆江、気仙両地区で飼養された和牛子牛の初競りがあり、1頭当たりの売買平均価格は80万7482円となった。前月比で1万5257円安かったが、昨年12月に続き2カ月連続で80万円台に乗せた。

 胆江、気仙地区の子牛の市場取引は毎月1回行われている。昨年の売買平均価格は、1月から5月は80万円台、6月から11月までは70万円台で推移。同市場の平均価格最高90万4405円を記録した一昨年12月までの上昇基調は「なくなった」との見方も出ていたが、昨年12月は前月から一気に9%、6万8269円高い82万2739円となった。
 同市場によると、購買者数は横ばい程度。東北、関東、東海、中京、関西の各圏域のほか、昨年から九州地方の参加者もあるという。
 今年の売買動向について市場関係者は、全国的な子牛不足などを背景に「(70万円を割り込むような)極端な下落はないと思う。ただし、上昇基調になるのか下落基調なのか市場動向から判断しづらい」とした。
 初競りを前に行われた初市式では、全農いわての畠山俊彰県本部長が「畜産情勢は厳しいが、関係者が一体となって生産基盤の維持、拡充に取り組んでいきたい」とあいさつ。県南広域振興局の細川倫史(ともちか)局長は「子牛の高値が堅調に推移する一方、肥育経営は厳しい状況。繁殖、肥育のバランスに配慮しながら取り組みたい」と述べた。
写真=江刺区の県南家畜市場で行われた和牛子牛の初競り


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動