岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 避難所等 事前把握して 新しいハザードマップ全戸配布 河川洪水/土砂災害 市民に活用呼び掛け きょうから内容説明会(市)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-14 09:36:12 (394 ヒット)

 市は、国交省が示した北上川水系洪水浸水想定区域図を基に「ハザードマップ」を作製した。氾濫による浸水予想や土砂災害危険箇所、避難所などの情報を盛り込んだ。非常時持ち出し品リストなど災害時に役立つ項目も記載しており、防災対策での活用を呼び掛けている。

 ▽水沢地区版▽江刺地区版▽前沢・胆沢・衣川地区版ーーを各該当地区に全戸配布。16(平成28)年に国交省が発表した北上川水系洪水浸水想定区域図を基に、市が10年度に作製したものを見直して冊子にした。視覚的には縮尺を大きくしたため見やすくなっている。
 近年は集中豪雨による洪水や土砂崩れなど、大規模な災害が全国で発生。今月は胆江地方も水害に見舞われたばかりだ。市は、想定される浸水の範囲や深さ、土砂災害の危険区域を周知し、市民の安全な避難と被害の軽減につなげたい考え。
 市危機管理課は「周囲の危険箇所について話し合ったり、避難経路を確かめたりするきっかけにしてほしい」と話す。マップを見て▽自宅周辺の状況を知る▽避難所を知る▽避難経路を確かめる▽自主防災組織や職場などの避難訓練で体験するーーといった活用が有効となる。
 マップでは、自治体が出す避難情報の種類も紹介。緊急度別に「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」の段階がある。携帯ラジオや救急医療品など非常時持ち出し品リスト、地震発生時の行動マニュアルも含め災害の情報を掲載した。
 市は14日を皮切りに、マップについての説明会を市内5会場で開く。居住地にかかわらずどの会場でも参加可能。配布されたマップを持参すること。日程は次の通り。
 ▽14日…胆沢総合支所(午後6時半)▽15日…前沢総合支所(同)▽18日…江刺総合支所(午後2時)▽19日…市役所本庁(午後6時半)▽20日…衣川保健福祉センター(同)
写真=浸水想定区域や土砂災害警戒区域などを記載の市ハザードマップ


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動