岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 雪上に歓声 巨大絵札へ全力ダイブ 新春恒例かるた大会(水沢黒石町)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-07 09:38:50 (300 ヒット)

 第31回黒石親子ジャンボかるた大会は6日、水沢黒石町の市立黒石小学校グラウンドで繰り広げられた。ユニークなイラストが描かれた巨大絵札を目掛け、子どもも大人も雪上にダイブ。寒さを吹き飛ばすように全力で駆け回り、冬の思い出に彩りを加えた。

 地域の新春恒例行事として親しまれている大会で、同小学校区子ども会育成会連合会(梅原俊彦会長)などが主催。グラウンドの積雪量はやや少なめだったものの、2年連続の屋外開催にこぎ着けた。
 同小児童43人のほか、小黒石地区を拠点に活動する「みずさわエコキッズ」のメンバーや保護者らもエントリー。梅原会長は「雪は多くないが、元気いっぱいに走り回ってたくさん絵札を獲得して」と呼び掛けた。
 絵札となる約90センチ四方のベニヤ板には、黒石寺蘇民祭や正法寺の精進料理、地域の話題などを子どもたちがアイデア豊かに描いた。昨年の流行歌や時事問題を取り上げた絵札もあり、子どもたちは読み上げられた絵札に向かい全力疾走して雪の感触を楽しんでいた。
 小学校生活最後の大会に臨んだ石川雄大(たけひろ)君(12)は、自慢の観察眼を働かせ大ハッスル。「雪が少なくて走りやすいけれど飛び込むと少し痛い。去年より多く取れるように頑張るぞ」と競技を楽しんでいた。
 児童たちが描いた絵札は、9日から31日まで地元の岩手黒石郵便局で展示を予定している。
写真=絵札に向かい果敢に飛び込む児童


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動