岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 春の雰囲気 一足早く 真っ赤! 大粒で甘〜い いちご農園 営業スタート(水沢・JA産直来夢くん)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-13 09:38:12 (388 ヒット)

 水沢真城のJA岩手ふるさと産直来夢くんのいちご農園は12日、今年の営業をスタートさせた。4品種が真っ赤に実り、ハウス内には一足早く春の雰囲気が漂う。開園に合わせて東水沢保育園年長児が招待され、大粒のイチゴを次々と摘み取り存分に味わった。

 1700平方メートルのハウスに、高設栽培で約1万株が植えられている。品種はこれまでの「紅ほっぺ」「さちのか」「あきひめ」に加え、「とちおとめ」を試験的に栽培。天候に恵まれて例年通り順調に生育しており、甘みが強く酸味とのバランスも良く、粒が大きめという。5月末まで営業を予定している。
 オープンイベントには、園児19人が参加した。はさみと容器を手に次々とイチゴを摘み、うれしそうに頬張った。大きさを比べ合い、「甘い」「おいしいね」と笑顔を広げた。
 佐野峯葵ちゃん(6)は「イチゴが食べられて楽しかった。次は家族みんなで来たい」。酒井はるちゃん(5)も「果物の中でイチゴが好き。おいしくて甘くて幸せだった」と満足げ。
 千田亮店長(35)は「地元で取れる果物が少ない冬場に、摘み立てのイチゴを味わいに来てほしい。イチゴパフェなど、さまざまな商品も提供していく」とアピールしている。
 同農園は40分摘み取り食べ放題。水・土・日曜日と祝日の午前10時からで、最終入場が午後2時。入園料は中学生以上1800円、小学生1500円、3歳以上の幼児900円、3歳未満は無料。
 事前予約が基本。当日でも空きがあれば来店者のみ受け付けるが、電話では申し込めない。空き状況は直売棟サービスコーナーに表示するほか、電話で確認できる。4月以降の予約については、3月13日午前9時から受け付けを開始する。予約、問い合わせは同産直(電話26・4141)へ。
写真=「おいしいね!」。真っ赤なイチゴを頬張る園児たち


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動