岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 四半世紀の成長 堂々と 奥州水沢颯人和太鼓乃会 節目に初めて単独公演(Zホール)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-02-11 09:36:55 (301 ヒット)

 奥州水沢颯人(さっつ)和太鼓乃会(佐々木俊介代表、会員20人)の創立25周年記念公演は10日、水沢佐倉河の市文化会館(Zホール)で繰り広げられた。創立以来初の単独公演。メンバーたちは支援への感謝を全身全霊の演奏で表現し、四半世紀の成長を披露した。

 東水沢保育園の謝恩会で実施した保護者による出し物をきっかけに、和太鼓同好会として1993(平成5)年3月に発足。06年にはジュニアチーム立ち上げを契機に現在の名称に改め、日本太鼓ジュニアコンクール県予選で過去3度の優勝を誇るなど輝かしい成績を収めている。
 舞台は2部構成。組太鼓の「世麗七亜出(セレナーデ)」で幕開けし、勇壮な太鼓演奏を披露。友情出演の胆沢の笛師・村上厚志さんとのコラボ演奏やこども和太鼓教室受講生の出演もあり、メンバーたちの躍動で節目の公演を彩った。
 「25年間携わってくれたメンバーや後押ししてくれた皆さんのおかげで単独公演ができるまで成長した」と佐々木代表。「演奏を披露できる喜びをかみしめながら全身全霊の演舞で感謝を伝えたい」と呼び掛けていた。
写真=四半世紀の節目の公演に臨む奥州水沢颯人和太鼓乃会のメンバー


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動