岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 軽減税率の準備を 実施見据え説明会(水沢税務署)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-05-16 09:37:49 (235 ヒット)

 今年10月1日に予定される消費税率10%への引き上げに併せ、「軽減税率」が導入される。対象品目の税率が8%のまま据え置かれるこの制度について、水沢西上野町の水沢税務署(佐藤康幸署長)で事業者向け説明会が開かれており、参加した事業所職員らが制度の内容や業務での対応に理解を深めている。説明会は16、17の両日も開催される。

 制度は低所得者に配慮する観点から実施され、標準税率(10%)と軽減税率(8%)の複数税率になる。軽減税率が適用される対象品目は、酒や外食サービスを除く飲食料品、週2回以上発行される新聞(定期購読されるものに限る)。
 飲食店での食事の提供やケータリングなどは標準税率となる一方、商品を持ち帰るテークアウトや出前・宅配などは軽減税率が適用される。制度実施に向け、複数税率対応レジの導入や受発注システム改修など経費の一部を補助する「軽減税率対策補助金」の制度もある。
 説明会は14日から4日間の日程で開催しており、出席した事業所の社員らは、制度の対象品目や適用税率ごとに区分した経理など、求められる対応を確認。15日に参加した市内製造業の事務職女性は、複数税率の対応について「慣れるまで時間が必要かもしれない」と話した。
 飲食料品の取り扱い(販売)がない場合でも、仕入や経費に軽減税率の対象品目があれば対応が必要になる。同署総務課の藤島宏之課長は「制度はすべての事業者の方に関係がある。この機会に説明会に参加し準備を進めていただきたい」と呼び掛ける。
 説明会は17日まで。時間は午前10ー11時、午後2ー3時(午前と午後は同内容)。対象は事業者(個人経営、法人)で、経営者に限らず経理担当者らも参加できる。
写真=制度実施を見据えた軽減税率の説明会


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動