岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 71校66チーム、頂点目指す 高校野球岩手大会が開幕(県営野球場)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-12 09:43:42 (271 ヒット)

 第101回全国高校野球選手権岩手大会は11日、盛岡市三ツ割の県営野球場で開会式が行われ、開幕した。水沢農・北上翔南・雫石の3校連合など連合3チームを含む71校66チームが出場し、令和初の甲子園切符を懸け熱戦を繰り広げる。
 薄曇りの中、県高総体ソフトボール女子を制した千厩の須藤瑞希主将(3年)を先導役に、出場チームが次々と入場。大きく腕を振り、元気な掛け声を響かせる選手たちにスタンドから大きな拍手が送られた。
 開会式では、県高校野球連盟の南舘秀昭会長が「グラウンドで汗を流した日々の集大成がこの大会。その成果を示すことのできる大会であってほしい」とあいさつ。県教育委員会の佐藤博教育長が「支えてくれる多くの皆さんの思いを胸に、全力を尽くしてほしい」と激励した。

 選手を代表し、盛岡一の千葉浩気主将(3年)が「自分たちが一心不乱に白球を追う姿で、多くの人に無限の感動を与えたい」と力強く宣誓した。開会式後は、同球場で1回戦2試合が行われた。
 胆江勢は今大会、連合を含む8チームが出場する。大会2日目の12日は、水沢、水沢一、前沢が初戦に臨む。大会は順調に日程を消化すれば、24日に県営球場で決勝戦が行われる。
 ◇11日の結果
 【県営球場】
 ▽1回戦
花巻北2│0葛 巻
大 槌9│3盛岡農
写真=堂々と選手宣誓する盛岡一・千葉浩気主将(3年)


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動