岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 自動車/半導体 産業人材 確保へ力 水沢で就職相談会(県と労働局)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-08-10 09:35:02 (201 ヒット)

 「いわて県南『自動車・半導体関連産業』就職相談会」は9日、水沢佐倉河のプラザイン水沢で開かれた。県南50事業所がブースを設けて事業内容などをPRし、一般求職者や就職希望の学生らと面談した。企業の人手不足が課題となっている中、岩手労働局(花巻・北上・水沢・一関公共職業安定所)と県が共催し、事業所の人手確保と産業人材の県内定着を図った。

 県南部は自動車の生産車種増加、半導体関連産業の新工場建設と関連企業の進出に伴い、さらなる新規求人が見込まれている。県内経済をけん引する両産業にスポットを当て、人手が不足する中、UIJターン希望者らを含めた人材の取り込みを図ろうと開催した。
 今回は昨年初開催の北上会場に続き2回目。水沢職安管内(胆江2市町)12事業所を含む4職安管内50事業所が参加した。就職希望者側は一般求職者や学生のほか、今後の進路選択に向けた情報収集の学生ら含め114人だった。
 金型部品・精密切削工具など設計製作販売のユーテムプレシジョン東北工場(前沢)の小野寺朋美製造支援部総務購買係長は、「人手不足を背景に工業系以外の学生、異業種からの採用も昨年あたりから始めた。意欲のある方に来ていただきたい」と話していた。
 北上職安管内の20代男性は半導体関連企業に勤めた経験があり、「業務内容や採用職種をしっかり検討したい」と面談に臨んでいた。
 6月の有効求人倍率は北上職安管内の1・74倍を筆頭に、水沢職安管内1・45倍など高水準を維持。岩手労働局職業安定部の和田英人部長は「優秀な人材を確保したいという企業のニーズに対し、できる限りの支援をしていきたい。1人でも多くのマッチングを祈る。就職先には岩手の企業を選択肢に入れてもらえればうれしい」と期待した。
写真=県南50事業所が参加し人材確保を図った就職相談会


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動