岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 食の安全を確保 胆江の登録は13件(県版GAP制)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-01-11 09:39:31 (305 ヒット)

 県版農業生産工程管理(GAP)確認制度に伴う確認登録証の伝達式が10日、江刺大通りの奥州地区合同庁舎江刺分庁舎で行われた。胆江地区では更新と新規合わせて10経営体、2団体、1教育機関が対象となり、出席した農業者らがより良い農業経営へ意欲を高めた。

 GAPは、農産物の安全性確保や環境保全、労働安全の確保に向け、農作業の各工程で点検項目をまとめ、作業を実施、記録、点検・評価して改善する取り組みとなる。県は08(平成20)年に県版GAPを作成し、全県的に推進。県版GAPの内容に適合していることを県が確認する制度を運用している。
 登録から1年で更新期となり、県内の登録は39件でこのうち胆江地区は13件となった。県内の新規登録は9件で、胆江地区は6件(昨年9月、12月)。伝達式には更新と新規登録者のうち6人が出席し、登録証を受けた。
 登録者は、更新が▽(株)oi Line(江刺、キュウリ)▽吉田雄次郎さん(江刺、トマト)▽農事組合法人きら里つぎまる(江刺、トマト)▽伊藤浩紀さん(江刺、米)▽(有)ライフクリエートケイ(金ケ崎町、米)▽岩手ふるさと米GAP研究会(胆沢、米)▽(株)菅野農園(江刺、リンゴ・モモ・スモモ・プルーン・カキ・日本ナシ・西洋ナシ)ーー。
 新規が▽高野豪さん(江刺、リンゴ)▽江刺スターファーム(株)(江刺、リンゴ)▽及川幸江さん(金ケ崎町、米)▽高橋尚さん(江刺、キュウリ)▽JA江刺金色の風栽培研究会(江刺、米)▽県立農業大学校(金ケ崎町、トマト)ーー。
 登録証を手渡した奥州農業改良普及センターの加藤満康所長は「伝達式がGAPに継続的に取り組んでいただくためのきっかけや励みになることを願う。経営改善を実感できるような取り組みに高めていただければ」とエールを送った。
 出席者のうち、新規登録されたJA江刺金色の風栽培研究会の高橋貞信会長(63)は「江刺金札米で培った技術とノウハウを生かし、さらに安心安全を上乗せし、いい米を作り続けたい」と力を込めた。
写真=県版GAP確認登録証を受けた経営体の代表者ら


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動