岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : オンライン販売人気 南部鉄器まつり 初の試み 産業会館では新作展示(水沢)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-22 09:37:55 (238 ヒット)

 第41回市南部鉄器まつり(同まつり実行委員会主催)は21日、オンラインで始まった。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、恒例の即売会や各種催しを中止したが、初の試みとして水沢鋳物工業協同組合サイト内の“まつり会場”で商品を5割引きで販売。初日から人気を集めている。JR水沢江刺駅近くの市伝統産業会館では奥州南部鉄器展などを開催しており、職人たちの技を間近にできる。いずれも23日まで。

 同まつりは例年、水沢羽田町の市鋳物技術交流センターと同産業会館で実施。南部鉄器に関連したさまざまな催しも行われ、多くの人でにぎわうイベントだ。
 今年は会場での対面販売などを中止し、大幅にリニューアルした同組合ホームページ内でオンライン販売を展開している。市の新型コロナ対策である伝統産業総合支援事業を活用し、例年4割引きのところ今年に限り5割引きとお得に設定した。
 産業会館では、展示部門として第60回奥州南部鉄器展や市立羽田小学校児童が制作した文鎮の展示、市ふるさと納税返礼品展を開いている。鉄器展は新作がずらり。32点の出品があり、妖怪「アマビエ」をモチーフにした風鈴や絵馬など今年ならではの作品も目を引く。
 最高賞の県知事賞に輝いたのは、佐々木奈美さん作「鉄瓶 平筒形七宝模様」。佐々木さんは2年連続の同賞受賞で、「次の世代まで大切に使い、つなぎたいと思ってもらえるような鉄瓶を目指した」とコメントを添えている。
 産業会館の売店は通常通りの営業。期間中は5割引きで販売するが、場合によって入場制限を行う。
 実行委の佐藤庄一会長は「オンラインショップを充実させネット販売につなげ、この難局を乗り切る一つのきっかけにしたい」と力を込める。
写真=市伝統産業会館で開かれている第60回奥州南部鉄器展


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動