岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : コロナ禍 地元にエール 29店・施設参加しシールラリー感染対策加え回遊促す(金ケ崎観光協)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2021-01-17 09:35:37 (266 ヒット)

 金ケ崎町観光協会(高杉郁也会長)主催の「おうえんシールラリー」が、同町内で行われている。町内の飲食関連店舗や温泉、文化財施設の計29カ所を対象に2月28日まで実施。参加店舗・施設で配布しているシールを集め台紙に貼って応募すると、枚数に応じた抽選で地場産品の詰め合わせなどがもらえる。前回まではスタンプ形式だったが、新型コロナウイルス感染症を防ぐため、より接触の少ないシールに改めた。感染対策を徹底しながら金ケ崎の食や温泉、歴史の魅力を広めつつ、コロナ禍で経営に打撃を受ける飲食店や温泉施設の集客も後押しする。
 同協会は、観光施策を巡り町と連携。ラリー事業は、冬季の誘客と町内観光地の回遊を促そうと、16(平成28)年度から毎年実施している。町民や近隣からの入り込み客に、同町西根の城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区(伝建群)周辺と温泉地を行き来してもらうための手だてとしている。

 本年度は昨年12月に始まり、専用の台紙を参加店舗や施設、町役場、JR金ケ崎駅などで無料配布。期間中に対象の店舗や施設を訪れ、利用すればシールがもらえる。感染予防のため、自分で台紙に貼り付ける。
 今事業では、応募に必要なシール枚数の要件も一部の賞で緩和。最少で3枚を集めれば応募できるようハードルを下げており、多くの人たちが気軽に参加できるよう工夫した。
 これまでの賞品には旅行券もあったが、コロナ禍で遠出しにくい状況を考慮。外出の自粛で客足が遠のいた町内事業者を応援したいとの願いも込めて、地場産品を中心とした品ぞろえに見直した。
 同協会事務局の榊和也さん(47)は「遠方に出掛ける機会が減っている今だからこそ、地元の良さを知ってもらえたら」と多くの参加を呼び掛ける。
 応募は3月3日まで。同協会に台紙のはがきを郵送するか持参する。町内外の新型コロナの感染状況によっては、応募期限を早める場合もある。
 問い合わせは同協会(電話42・2710)へ。
 応募コースは次の通り。
 ▽★君は応援団長賞★(シール29枚)…抽選で10人に地場産品詰め合わせ(1万円相当)とWチャンス抽選権
 ▽★応援ありがとう賞★(シール・飲食店6枚以上、文化財施設、温泉施設各2枚以上)…抽選で(1)奥州牛(2)海産物詰め合わせ(3)お米セット(4)金精(5)亀の尾ほか清酒セット(6)地元温泉4施設入浴券セットーーのいずれかとWチャンス抽選権。(1)ー(5)は各5人、(6)は10人が当選する
 ▽★応援よろしく賞★(シール・飲食店、文化財施設、温泉施設各1枚以上)…抽選で(1)タオルセット(2)ジェラート詰め合わせ(3)鮭ほぐし詰め合わせ(4)きのこ詰め合わせ(5)産直かねがさき商品セット(6)産直ろくちゃん商品セットーーのいずれかとWチャンス抽選権。(1)は10人、(2)ー(5)は各5人が当選する
 ▽★Wチャンス賞★…抽選で各参加店賞か「かもん長者」トートバッグ

参加店舗・施設

飲食店等
 ▽イェップスカフェアベイジャ▽和洋食道Ecru(エクリュ)▽侍屋敷大松沢家▽カウベル▽味の店鎌田ガーデン▽お休み処かみしも▽雑貨・カフェKICHI▽こびる家▽レストランコレット▽旧坂本家侍住宅▽カフェレストランサバービア▽産直かねがさき▽SUGOSU HITOTOKI▽そば処盛絽屋▽高砂食堂▽ふれ愛食堂▽和風レストラン星萬▽牧草の丘▽まるみドライブイン▽産直ろくちゃん
温泉施設
 ▽金ケ崎温泉駒子の湯▽千貫石温泉湯元東館▽永岡温泉夢の湯▽みどりの郷みちのく城址温泉・お食事処笑門来福
文化財施設
 ▽金ケ崎要害歴史館▽白糸まちなみ交流館▽片平丁・旧大沼家侍住宅▽土合丁・旧大沼家侍住宅▽軍馬の郷六原資料館
写真=飲食店や文化財施設などで配布中の金ケ崎町おうえんシールラリーの台紙


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動