岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 新型コロナワクチン接種券 きょう高齢者へ発送 予約日程、会場は未定(市)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2021-04-08 09:38:20 (294 ヒット)

 市は8日、65歳以上の高齢者約4万人に新型コロナウイルスワクチンの接種券(クーポン券)を発送する。ただ、国からのワクチン供給が見通せないため予約開始日は未定。日程や会場が決まっていない段階で接種券を送付するのは国の方針に基づく対応だが、先行して発送した自治体では混乱が生じている。市は、予約できる状況になり次第あらためて詳細を通知する予定で、「接種券を無くさないよう保管してほしい」と呼び掛ける。

 県が市町村へ通知した高齢者向けワクチン配給日程によると、奥州市には今月、12日の週と26日の週に1箱ずつ届く予定。975人に2回接種できる量だ。県内では12日に盛岡市と一関市で優先接種が始まる。奥州市は19日以降に高齢者施設の入所者とスタッフを対象にスタートさせる方針で、施設などと調整を進めている。
 5月以降のワクチン供給については、まだ示されていない。このため、施設入所以外の高齢者の接種スケジュールも明確にできない状況が続いている。
 今回は接種券に限った発送で、送付と同時に予約開始日や会場を知らせなければ、市民の間に戸惑いが広がると想定される。一方で、施設入所や入院、仕事などにより別の自治体で接種を受けたい場合、住所を有する市町村で発行された接種券が必要なこともあり、早めに送付しなければならない事情があるという。
 7日の定例記者会見で、小沢昌記市長は「紛失の心配もあり、国や県には何度も混乱につながると伝えたが、まずは接種券を届けてほしいというのが国の考え。接種券に現状を説明する文書も同封する」と話した。
 市は予約できる状況になり次第、時期や会場などを知らせる文書と予診票を郵送する。
写真=ワクチン接種券の発送を前にチェックする市職員


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動