岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 全国の企業に売り込め奥州 オンラインで立地セミナー(市)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-01-15 09:38:19 (179 ヒット)

 市主催の「おうしゅう企業立地セミナー」は14日、オンライン配信方式で行われた。市が市内の9工業団地や企業誘致といった優遇施策を紹介し、江刺岩谷堂袖山地区で整備を進めている新工業団地もアピール。市内に工場を持つ企業などが講演を行い、全国に向けて「半導体や医療機器など成長企業が飛躍できる適地」と売り込んだ。

 同セミナーは毎年都内で開催していたが、昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止に。本年度は聴講方法を、都内の会場とオンライン配信の二通り用意していたが、新型コロナの感染再拡大に伴い急きょオンラインのみに切り替えた。企業や行政関係者ら102人が参加した。
 市役所本庁で小沢昌記市長があいさつ。「奥州市を含めた岩手県南は、産業集積が進んでいる地域。市は新工業団地の整備を進めており、既に問い合わせがある。セミナーを通して、奥州への興味をさらに深めてもらえれば」と呼び掛けた。
 市企業振興課企業支援室の職員は、市の特産品や工業団地、優遇施策などを説明。「最先端と伝統産業が調和したものづくりのまち。相談にも対応しながら微力ではあるが支援していくので、よろしくお願いしたい」とPRした。
 講演では、産業タイムズ社電子デバイス産業新聞の甕秀樹編集委員が「日本をけん引する成長産業〜100兆円市場に向かう半導体をはじめ、医療、脱炭素など関連産業の今後を探る〜」をテーマに話した。江刺に工場がある医療用機械器具製造業の(株)エイアンドティー(本社横浜市)の担当者が、「マザーファクトリーの今、これから」と題して会社概要や江刺工場の歩み、今後などについて語った。
写真=オンライン配信方式で行われた「おうしゅう企業立地セミナー」=市役所本庁


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動