岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 元プロ野球選手 江刺一中生に熱く指導 岩谷堂RCが初企画(江刺中央運動公園)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-05-10 09:36:08 (242 ヒット)

 江刺の岩谷堂ロータリークラブ(吉田勉会長、岩谷堂RC)主催の野球教室は8日、市立江刺第一中学校野球部員45人を対象に江刺中央運動公園野球場で開かれた。元プロ野球選手の藤田太陽さん(42)と西森将司さん(34)が指導。一人一人に声を掛けながら投球や守備、打撃方法などを丁寧に教え、県大会出場を控えた球児たちにエールを送った。

 岩谷堂RCの創立60周年記念事業。昨年度まで県少年軟式野球新人大会の江刺地区予選を主催していたが、地域内3中学校が統合し同地区予選が行われないこともあり、今回初めて教室を企画した。
 藤田さんは投手として阪神や西武などで活躍し、20(令和2)年から社会人硬式野球チームロキテクノ富山の監督を務める。横浜DeNAに所属した西森さん(捕手)は現在、野球スクールコーチなどとして活動する。
 同日は2グループに分かれて活動。投手志望の部員には藤田さんが球種ごとにボールの持ち方や投げ方の違いを解説し、マンツーマンで指導した。
 投手の千葉希真さん(3年)は「球の持ち方など初めて知ったこともあり、かなり勉強になった。県大会までにレベルアップしたい」、主将の山崎翔真さん(同)は「今まで基本の部分を雑に行っていた時があった。今回改めて学べたので、今後に生かしていく」と意気込んだ。
 西森さんは「伝えられることは限られているが、教室を機に考えながら野球をしうまくなってほしい」。藤田さんは「みんな元気が良く、吸収も早くて驚いている。家族に感謝しながらプレーし、野球を通じて人生を豊かにしてほしい」と激励した。
写真=藤田太陽さん(右)からピッチング指導を受ける江刺一中生たち


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動