岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 熱戦展開 中総体が開幕(胆江)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-06-19 09:37:05 (528 ヒット)

 胆江地区中学校総合体育大会は18日、各地の学校・公共施設を会場に開幕。初日は9競技が行われ、県大会出場を目指す選手たちの白熱した戦いが繰り広げられた。今大会も新型コロナウイルス感染予防の観点から、観戦は生徒1人につき保護者2人(会場・種目によっては生徒1人につき1人)に制限しているため、一般の入場はできない。19日まで。
 初日は6競技の団体戦・個人戦の決勝が行われ、バドミントンの男子団体は、金ケ崎が決勝で昨秋の県新人王者の前沢を2ー1で下し、地区第1代表の座を獲得した。女子は前沢が栄冠。卓球団体の男子は、県新人大会3位の江刺一が決勝で水沢を3ー2で振り切り地区第1代表に決定。女子は水沢南が決勝で前沢を3ー1で下した。

 ソフトボールは、県制覇を狙う前沢が決勝で3校連合(東水沢・水沢南・江刺一)を24ー0で退け、6大会連続20回目の栄冠。ソフトテニスの男子団体は、胆沢が決勝で前沢を2ー1で下し3年ぶりの優勝に輝いた。胆沢対決となった女子個人戦は、八島陽菜・氏家華鈴組(3年)が制した。剣道団体は江刺一男子、胆沢女子がそれぞれ優勝を決めた。
 バスケットボールは男女の1回戦が行われ、男子は江刺一が県新人大会3位の水沢南を60ー54で下す大きな勝ち星を挙げた。軟式野球は前沢、水沢南、江刺一、胆沢が4強入りを決めた。
 大会最終日の19日は、10競技(体操は一関地方、新体操は和賀地区と合同開催)が行われ、県大会出場の個人・団体が出そろう。
写真=バスケットボール・女子1回戦 水沢南ー江刺一=市総合体育館


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動