岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 躍動の舞 街に熱気 3年ぶり水沢に44チーム集結(奥州YOSAKOI)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-09-19 09:41:55 (256 ヒット)

 「第19回奥州YOSAKOI in みずさわ」は18日、水沢駅通り周辺で開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響で19(令和元)年以来3年ぶりの開催。全国各地44のよさこいチーム・総勢1000人が躍動感あふれる力強い舞を披露し、初秋のまちを熱く盛り上げた。

 第57回市水沢産業まつりと合同開催の第1回奥州秋まつり2日目のメイン行事。実行委員会と奥州商工会議所が主催し、水沢信用金庫が共催した。実行委の小野純会長は「コロナ禍のため心配していたが、無事に3年ぶりの開催にこぎ着けることができた。全国各地からチームに集まっていただきありがたい。観客の皆さんには、譲り合いながら楽しく見ていただければ」と話していた。
 会場を歩行者天国にして繰り広げられ、北は北海道から南は愛知県まで各地のチームが集結。胆江地区からは8チームがエントリーした。踊り手たちは華やかな衣装とメークで、アップテンポな曲に合わせたエネルギッシュな演舞を披露。会場に詰め掛けた観客は手拍子で盛り上げ、大きな拍手を送っていた。
 宮城県登米市の会社員牧野奈美さん(39)は、中学2年の長女が同市のよさこいチーム「舞姿道みろく」のメンバー。「大きなイベントは久しぶり。会場では感染症対策をしっかり講じてもらっているので、安心して楽しめる」とイベントを満喫した。
 産業まつりと秋まつりは17、18日に開かれ、2日間で延べ約6万人(主催者発表)が来場。郷土芸能や厄年・年祝連、学校など各団体による演舞や演奏の披露、飲食のグルメブース、商工業者の商品や農産物の販売といった多彩な催しでにぎわった。
写真=息の合った演舞を披露する胆沢の飛勇凛

胆江中学校新人野球
前沢が3連覇 県大会へ

 胆江地区中学校新人大会軟式野球競技(胆江日日新聞社など主催)は18日、胆沢野球場で準決勝と決勝の3試合が行われ、決勝は前沢が8─1で胆沢を下し、チーム初の3連覇を達成した。優勝は15回目。
 大会は金ケ崎と衣川が合同チームを編成したほか、市の学校再編により昨年度から2校2チーム減となる8校7チームが出場。トーナメント方式で2日間の熱戦を繰り広げた。
 初日の17日は同球場と前沢いきいきスポーツランド野球場で1回戦3試合が行われ、前沢、胆沢、水沢南が初戦を突破。18日の準決勝には、金ケ崎・衣川合同チームを含めた4チームが臨んだ。
 準決勝では前沢が水沢南に2ー1、胆沢が合同チームに2─1でそれぞれ勝利。決勝は3連覇を狙う前沢が終始胆沢を圧倒し、主導権を渡すことなく力を見せつけた。前沢は10月16ー17日に二戸市などで行われる県大会に出場する。
 開会式と閉会式は昨年同様に行わず、順位が確定したチームから順に表彰。途中小雨が降る場面もあったが、選手たちは秋晴れの下で練習の成果を発揮していた。
写真=前沢が3連覇を達成。選手全員にメダルが授与された

前沢 攻守で圧倒
少人数の胆沢 堂々準V

 胆江地区中学校新人大会軟式野球競技は、堅い守備と好機を逃さない打撃力で他を圧倒した前沢がチーム初の3連覇を達成。決勝で本塁打2本を放った菅原凌主将(2年)を中心として力を発揮し、県大会での活躍を誓った。一方、決勝で敗れた胆沢は単独校としては最少の11人で出場。少ない人数でも最後まで声を掛け合い、堂々と戦い抜いた。
 決勝の前沢は試合開始直後から走者を出す。胆沢の先発・高橋知聖投手(2年)にプレッシャーをかけ続け、相手の守備の乱れも突いて四回まで毎回得点。6点差に突き放した。
 胆沢は初回、3番高橋知聖投手、4番城島嘉洋選手(1年)の連打などで1点を奪ったが、その後は打線が沈黙。前沢の投手陣が少ない球数で凡打を打たせ、堅守で本塁を守り切った。
 最終七回には前沢の3番菅原凌主将(2年)が、右中間を破るこの日2本目のランニングソロ本塁打を放ち圧倒。県大会に向けて投打がかみ合ったチーム力を見せつけた。
 前沢・平澤佳樹監督の話 3連覇は先輩方がチームを作ってきてくれたおかげ。常に試合を意識しながら練習に取り組んでいる。県大会に向けて強みの安定した守備を伸ばし、課題のチームバッティングを改善していきたい。
 前沢・決勝で2本塁打を放った菅原凌主将の話 自分たちの野球をしようという思いでやり切った。決勝では得点をあげることができたが、チャンスで打てない場面もあり、自分自身課題はまだ多い。チームとしては盛り上がりが足りず、もっと良いムードでできるはずと感じている。課題を見直し、県大会では挑戦者として優勝を目指す。

前沢
2311001 8
1000000 1
胆沢
(前)盒矯、盒桐磧⊃原ー中嶋
(胆)高橋知、千田ー佐藤、高橋知
▽本塁打 菅原2(前)
▽二塁打 加藤、長谷川(前)高橋知、城島(胆)
写真=3連覇を達成し、歓喜に沸く前沢ナイン


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動