岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 平均年齢50歳差対決 「ソフトボールは生涯スポーツ」 敬老の日 世代超え試合満喫(前沢中ー胆江球爺s)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-09-20 09:38:09 (288 ヒット)

 市立前沢中学校ソフトボール部(井上翔顧問)と、胆江地区の野球・ソフトボールチーム「胆江球爺s」(小沢昭博代表)による交流試合は「敬老の日」の19日、市立前沢中学校グラウンドで行われた。平均年齢で約50歳差の2チームが和気あいあいとした雰囲気で試合を満喫。「ソフトボールは生涯スポーツ」を合言葉に世代の壁を超えて楽しんだ。

 ソフトボール人口の減少を危惧していた小沢代表(62)らが、交流機会の創出とソフトボールの魅力アピールのために、敬老の日に合わせた取り組みとして同校へ提案。同校からは今夏で引退した3年生部員も参加し、初対戦が実現した。
 生徒たちが普段取り組む通常ルールでの試合のほか、球爺sが参加する県大会などで採用されている、守備選手を1人増強するなどの特別ルール「スローピッチ」での対戦も実施。同部の大石真緒キャプテン(13)は「交流の場としていただいた貴重な時間。一生懸命やりつつも、楽しむことを最優先に考えて戦いたい」と笑顔で臨んだ。
 小沢代表は「年をとっても元気にやれるという姿を見せ、生涯スポーツとしてのソフトボールの魅力を感じてもらいたい。同時に若い子から刺激を受けてチームの力にもできたら」と話していた。
写真=平均年齢差50歳で行われたソフトボール交流試合


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動