岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 伝統の剣舞 堂々と 本年度末で閉校する人首小 来客や保護者見守る(江刺)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-09-21 09:36:11 (201 ヒット)

 江刺米里の市立人首小学校(菅原るみ子校長)の全児童15人は20日、同校体育館で、米里地区に伝わり同校でも取り組む兄和田念仏剣舞を来客や保護者らに披露した。本年度末に閉校を控えて今後の公演が限られる中、練習成果を存分に発揮した。
 一関市東山町の石と賢治のミュージアム(菅原淳館長)の学習事業「グスコーブドリの大学校」の要望を受け、「総合的な学習の時間」を活用して行った。

 装束をまとった児童たちは、太鼓や笛、鉦の音に合わせて伝統の舞を披露。同事業の参加者や家族ら40人余りが拍手でたたえた。
 6年の菊池善君(11)は「剣舞の独特のリズムが好き」と笑顔。花柄の浴衣姿で鉦をたたいた千葉希輝さん(11)は「衣装が好き。閉校後も剣舞を伝えていってほしい」と願っていた。
 同校の児童は1983(昭和58)年以降、同剣舞保存会(家子幸吉会長)の指導で剣舞を習い、運動会などで披露してきた。家子会長(74)は「子どもたちは一生懸命練習してくれた。閉校は残念だが、これからも伝承活動を続けていきたい」と話していた。
 人首小は23(令和5)年4月、木細工、玉里、梁川、広瀬の4小学校と統合。玉里小の校舎を活用し、江刺ひがし小学校として新たなスタートを切る。
写真=兄和田念仏剣舞を披露する人首小の児童たち


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動