岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
pickup : 群生地 かつての姿に 山頂へツツジ移植 保全隊、3年かけ実現(前沢・経塚山)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-09-22 09:37:47 (203 ヒット)

 前沢生母の経塚山でかつて見られたツツジ群生地を取り戻すため、赤生津地域活性化協議会(小野寺正幸会長)は21日、山の麓に自生するツツジの若木を山頂に植え替えた。3年前から土地の整備を始め、ようやく実現した移植作業。来春に満開のツツジが咲くことを願った。

 同協議会は、ツツジ群生地の再生を目指し、19年に経塚保全隊(三浦吉美隊長)を発足。年2回経塚山の山頂でツツジの生育に邪魔な木や草を除去し、日当たりの良い土地を確保しようと励んできた。
 今回は隊員13人が参加。ツツジの若木を同山の麓にある地元森林組合が所有するカラマツ植栽地内で採取し、山頂へと移動した。軽く除草や木を切り移植場所の環境を整備。くわやスコップで穴を掘り、リボンを付けたツツジの若木約30本を植えた。風や雪で倒れないようにと刺した竹にひもで巻きつけ補強し、しっかり根付き元気に開花するよう期待を込めた。
 三浦隊長(74)は「隊員たちは、昔この場所で見たきれいなツツジを思い出しながら活動に取り組んでいる。整備を通して景観が良くなり、登山者から喜ばれることもあり活動した価値を感じた。ツツジが咲き、みんなが見に来てくれるのが楽しみ」と笑顔を見せた。
写真=経塚山の山頂にツツジを植えていく経塚保全隊


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動