岩手県奥州市、金ケ崎町の地域紙。第2回ふるさと新聞アワード(2022)グランプリ & Googleアワード受賞。
胆江日日新聞
pickup : 市営黒滝温泉(衣川)の源泉ポンプ故障 修繕予算 補正計上へ 工事費見積り4500万円(市)
投稿者 : tanko 投稿日時: 2023-11-25 09:40:24 (356 ヒット)

 源泉ポンプの故障で休館が続いている衣川上立沢の市直営黒滝温泉について市は、指定管理移行に向け源泉の修繕工事を行う方針だ。工事費の参考見積額は約4500万円で、精査した上で12月補正予算案に盛り込みたい考え。工期を3カ月程度とみており、予定通り新年度からの指定管理者制度導入を目指し進めていく。

 市によると、10月3日に源泉がくみ上がらない状態を確認。業者が源泉ポンプの引き上げ作業を実施したが、揚湯管接続部の断裂やケーブル断線でポンプと揚湯管の一部を引き上げられなかった。同10日から臨時休館にし、状況調査や地元説明などを行ってきた。
 水中カメラでは揚湯管の上部までしか確認できず、ここまで源泉孔内の異常はなかった。過去に源泉ケーシング管を削りながらポンプを回収したことがあったため、ケーシング管を一部破損し源泉孔内に砂等が流入している可能性から堆積物による詰まりなどが一因として考えられたが、はっきりした原因は分からなかった。
 同温泉の指定管理者となる意思を示している南股地区振興会からは、「指定管理を受ける方向に変更はない」「源泉を安心して利用できるよう修繕をお願いしたい」との要望が出されたという。
 市は、源泉井戸の継続性確保と施工コストを考慮。抑留ポンプを引き上げ送水により孔内洗浄し、孔内カメラを確認、揚湯試験後にポンプを再設置する工法で進める意向だ。
 このほど開かれた市議会全員協議会で、市商業観光課が経緯や今後の対応などを説明。「現在考えられる最善の工法と判断した。南股地区振興会の了解を得た上で実施し、今後の運用でも定期的な源泉のメンテナンスにより安定的な温泉水確保に努める」と述べた。
 日帰りの同温泉は、1990(平成2)年に開設した。2027(令和9)年度の民間譲渡を見据え、来年度から指定管理に移行する方向にある。源泉は1カ所、ポンプが1基のみ。
写真=源泉ポンプが故障し休館が続いている黒滝温泉


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動