岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-31 09:39:59 (253 ヒット)

 外務省が進める対日理解促進交流プログラムの一環で、東北地方を訪問中の台湾人大学生ら15人が29日から30日にかけ水沢に滞在。30日は参加学生が企画した「小さなお茶会」を市文化会館(Zホール)で開き、市内の茶道家らを交えながら日本の抹茶と台湾の高山(こうざん)茶をそれぞれ味わい、双方の茶文化の魅力に理解を深めた。一行は震災からの復興が進む本県沿岸部などにも足を運び、独自の視点で東北や岩手の魅力を発信するとともに、台湾の文化もPRした。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-31 09:38:27 (208 ヒット)

【1面】
お茶が結ぶ日台交流 外務省事業で東北来訪中の大学生ら 互いの文化理解深める(水沢)
新病院建設「思い強く」 臨時会見で小沢市長 地域医療計画、年内に原案 半井院長の慰留へ努力(水沢病院)
出身者の視点 人脈に期待 新たに地域おこし協力隊 台湾人女性 陳さん委嘱へ(市)

【総合】
国史跡・鳥海柵跡を学ぼう 学習会、来月15日から全5回 案内ガイド力も養成(金ケ崎町教委)
作業の安全へ研修会 江刺 組合員らが情報共有(奥州森林組合)

【社会面】
家畜審査 全国大会へ 水沢農高2年の佐々木伸君 持ち前の洞察力で挑む(和牛の部)
最優秀賞は久米さん(江刺南中3年) 視線まっすぐ、思い素直に(「わたしの主張」奥州地区大会)
「元気」ありがとう ちびまる子ちゃん 作者追悼 市内図書館でコーナー
不妊治療から家族計画まで 妊娠前相談、専門職が対応 来月12日 水沢保健センター会場に(ほほえみ相談)
水沢農3校連合 敗活トーナメント2回戦へ(秋季高校野球北奥予選)

【第2社会面】
黒石町の内堀行政区「ねぇぶり再生プロジェクト」 地域に元気 活動着々 若い新住民が加勢 頼もしく 緊急避難路を環境整備(水沢)
恒久平和 誓い次代に 江刺田原で戦没者追悼式


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-30 09:35:00 (246 ヒット)

 水沢佐倉河のめんこい美術館は、水沢黒石町出身の画家佐々木精治郎(1885ー1971)常設展の作品を入れ替えた。初公開の水彩2点をはじめ、絵画・スケッチ計29点とスケッチブック1冊を展示。季節感あふれる作品を中心に、描くことの情熱を失わなかった精治郎の魅力を発信している。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-30 09:33:29 (225 ヒット)

【1面】
若年層の結婚生活支援 人口増、移住・定住促進へ 助成制度を創設 重点プロジェクトで本年度(金ケ崎町)
英語暗唱 表現豊か 11中学校・生徒30人挑む(胆江大会)
猛暑のせい? 2カ月早く秋の開花 ヤマツツジ 朱色鮮やか 金ケ崎の及川さん方

【社会面】
運動機能 幼児期にスイッチオン 金ケ崎町体協が本年度 町立全4園 巡回出前授業 バランスよい発達促す 指導力強化にも
田茂山自治会(羽田地区)が最優秀賞 地域花壇の部 現地審査会入賞決まる(水沢花いっぱいコンクール)
農業を体感、身近に 職業観にも触れる(金ケ崎中1年生)
水沢商、水沢 準決勝へ駒(秋季高校野球北奥予選)

【第2社会面】
水彩2点 初公開 佐々木精治郎(水沢出身) 郷土画家の情熱、魅力発信 展示作品入れ替え(めんこい美術館常設展)
南部鉄器でクマよけ鈴 羽田小に130個 学区や周辺で出没情報多発 児童の安全願い(水沢鋳物組合)
地元作家の手工芸品ずらり 来月29ー30日、江刺で「こなまるしぇ」 特産品、味なグルメも(岩谷堂商店街連合会)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-29 09:37:52 (229 ヒット)

 南いわてHACCP(ハサップ)普及促進セミナーは28日、水沢大手町の奥州地区合同庁舎分庁舎で開かれた。安全な食品作りの管理手法「HACCP」導入のための初級者向け講習会で、県南地域の食産業関係者約30人が参加。食品衛生法改正に伴うHACCPの義務化を見据え、成り立ちや導入のメリット、手順などを学んだ。


« 1 ... 5 6 7 (8) 9 10 11 ... 144 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動