岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-06-21 09:36:34 (486 ヒット)

 胆江地区中学校“つなげる”体育大会は20日開幕し、胆江各地で8競技が繰り広げられた。新型コロナウイルスの影響で中止となった地区中総体の代替大会として開催にこぎ着けた今大会は、感染拡大防止の観点から無観客で実施。規模は縮小したものの、中学最後の「夏」を迎えた3年生らが熱戦を繰り広げている。
 一部競技を除き20日と7月11日に各中学校を会場に分散して開催。初日は軟式野球やバスケットボール男女、サッカー、ソフトボール、バレーボール男女など8競技が各会場で行われた。
 生徒に対して検温を記録したカードの提出を2週間前から毎日求めたほか、当日も各会場で一度に3校しか集まらないよう進行を調整。会場設備を小まめに消毒したり、競技中に控えの選手や顧問らが座る椅子の間隔を空けて配置したりするなど、感染防止に努めた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-06-21 09:34:48 (338 ヒット)

【1面】
代替大会が開幕 異例の夏 全力勝負 集大成へ躍動(胆江中総体)
欧州の素粒子物理戦略 ILCに期待、明記(欧州合同原子核研究所理事会)

【社会面】
白球追う野球女子 10校で11人プレー つなげる体育大会 水中、姉妹そろって出場(胆江)
8競技が団体戦 決勝来月11日(つなげる体育大会)
コンサートをウェブで 3月に中止のリレー音楽会 来月公開へ動画収録(前沢)

【第2社会面】
昇格へ意気込み示す 開幕前にホームタウン表敬(J3のグルージャ盛岡)
出前保育 広がる交流 親子でピザ作り体験(衣川・あゆみ園)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-06-20 09:37:41 (329 ヒット)

 新型コロナウイルス感染症に関する市の経済支援策の一つとして、学校給食での市産牛肉の提供が始まった。長引く自粛ムードや経済の低迷で消費が落ち込んでいる銘柄牛の利用拡大につなげ、地域全体で肥育農家を応援しようという取り組み。市のブランドである前沢牛、奥州牛、江刺牛のいずれかを使ったメニューが本年度、市内全ての小中学校で2回以上登場する予定だ。
 市は、国の新型コロナ感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、学校給食地場産牛肉利用拡大事業を新たに立ち上げた。予算額は510万円。各給食施設は基本的に、市産食材を積極的に使用する「奥州っ子給食」に合わせ、同事業を取り入れていく。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-06-20 09:36:00 (273 ヒット)

【1面】
イベント基準緩和 公共施設の利用制限も 新型コロナ感染防止へ確認リスト策定(金ケ崎町)
牛肉給食ぱくり おいしく農家応援 消費低迷の市内3銘柄 市の経済支援策 メニューに登場(新型コロナ)

【社会面】
二刀流ルーツは“地元” 水沢出身の伊藤英俊さん(出版社社長) 書籍発行、市に寄贈(大リーグ大谷選手)
レース観戦再開を 県競馬組合に要望(奥州愛馬の会)
コロナ禍も雇用確保 商工関係団体へ要請(市など)
20年3月期 減収減益 12期連続の黒字(水沢信金)

【第2社会面】
高橋理事長を再任 総会開き、事業計画承認(市シルバー人材)
生産性向上へ新戦力 胆江農林業振興協が実演会 玉里のリンゴ圃場 草刈りロボット動作確認(江刺)
ふるさとの自然 全身で 2年生が観察遠足(衣川小)
芝刈り機で園庭整備を 創業50周年記念で小山東幼稚園に贈る(胆沢交通)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-06-19 09:38:14 (249 ヒット)

 医師や政治家として活躍した後藤新平(1857ー1929)の功績や人柄を顕彰する水沢大手町の市立後藤新平記念館(佐藤彰博館長)は18日、累計来館者数が25万人に達した。同館は、記念すべき節目に入館した市立羽田小学校6年生18人に、新平の信条である自治三訣が書かれた色紙や絵はがきなど記念品を贈るとともに、郷土が誇る先人の偉業を伝えた。


« 1 ... 7 8 9 (10) 11 12 13 ... 145 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動