岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-13 09:37:32 (108 ヒット)

 県観光ボランティアガイド連絡協議会(佐々木孝会長)の研修会は12日、2日間の日程で胆沢や水沢を会場に始まった。初日は、県内各地のボランティアガイドら約60人が胆沢若柳の徳水園に集合。ガイド技術を学び、自分たちの活動の参考にしていた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-13 09:35:55 (126 ヒット)

【1面】
地域一体で地産地消を 推進計画 来年3月の策定目指す(市)
異なる争点 舌戦展開 候補者アンケート(参院選岩手選挙区)
小沢市長 カヌー語る 来月4日シンポジウムに参加(東京都江戸川区)

【総合】
延長雇用の普及/年金支給年齢引き上げ 社会情勢 運営を翻弄 減少傾向続く会員、高齢化(市シルバー人材センター)

【社会面】
県内ボランティア 奥州に集結 もてなしの技磨く(観光ガイド)
身障者福祉 向上へ一層 790人集い県大会(胆沢文化創造センター)
精神・発達障害者の就労 「働きやすさ」支援 サポーター養成へ講座(江刺)
奥州署員名乗る予兆電話 キャッシュカード狙う?(特殊詐欺)

【第2社会面】
大きいブルーベリー「甘い!」 園児が摘み取り体験 きょうから一般開放(胆沢・愛宕地域振興会)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-12 09:43:42 (139 ヒット)

 第101回全国高校野球選手権岩手大会は11日、盛岡市三ツ割の県営野球場で開会式が行われ、開幕した。水沢農・北上翔南・雫石の3校連合など連合3チームを含む71校66チームが出場し、令和初の甲子園切符を懸け熱戦を繰り広げる。
 薄曇りの中、県高総体ソフトボール女子を制した千厩の須藤瑞希主将(3年)を先導役に、出場チームが次々と入場。大きく腕を振り、元気な掛け声を響かせる選手たちにスタンドから大きな拍手が送られた。
 開会式では、県高校野球連盟の南舘秀昭会長が「グラウンドで汗を流した日々の集大成がこの大会。その成果を示すことのできる大会であってほしい」とあいさつ。県教育委員会の佐藤博教育長が「支えてくれる多くの皆さんの思いを胸に、全力を尽くしてほしい」と激励した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-12 09:42:14 (164 ヒット)

【1面】
語学指導の需要、徐々に 外国籍児童ら支える 6人に補助員4人配置(市教委)
71校66チーム、頂点目指す 高校野球岩手大会が開幕(県営野球場)
ダイコン、すぽっ! 園児 収穫の喜び体感(江刺・愛宕保育園)

【総合・グラフ】
胆江球児 悲願の甲子園へ堂々行進(第101回全国高校野球選手権岩手大会)

【社会面】
地域に感謝伝える展示 作品で長生き決意表明 旧愛宕中8回生有志 「傘寿」記念にあすから(江刺)
“人工星”観測に悪影響 国立天文台が懸念表明 水沢の研究者 「生活発展との共存を」
金ケ崎の六原駅前 再開発どう進める 町に提言、苦言(推進協報告会)
正義を貫き悪を滅ぼす 第12回は鞍馬天狗 古き良きヒーロー像描く 来年2月上演予定(奥州市民☆文士劇)

【第2社会面】
介護予防や生活支援に力発揮 担い手養成へ研修会(市)
金ケ崎町永沢の高橋モヨさん 家族に囲まれ満100歳 お祝い手に笑顔で感謝
夏休み前に安全確認 利用備え水辺施設点検(国交省)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-11 09:35:30 (149 ヒット)

 第11回金ケ崎町民劇場「でんでら国〜ワシらは捨てられたのではない!ここで生き直すのだ!!」が9日夜、旗揚げした。同劇場実行委員会(板宮成悦委員長)の役員やスタッフ、キャストら約40人が、町中央生涯教育センターに集い、成功を目指して一丸で取り組もうと誓い合った。公演は10月6日午前と午後の2回。稽古は6月7日にスタートしているが、今後は週2回のペースで行い、舞台の質を高めていく。


« 1 (2) 3 4 5 ... 144 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動