岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-09-30 09:39:14 (488 ヒット)

 県立水沢商業高校の生徒たちによるチャレンジショップ「ござえんちゃハウス2017」が29日、水沢区横町のメイプル2階にオープンした。会場には、生徒たちが自ら仕入れた多彩な商品が勢ぞろい。笑顔の接客で来場者をもてなしている。10月3日まで。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-09-30 09:37:42 (534 ヒット)

【1面】
胆江初の家庭的保育施設 金ケ崎にあす開所 待機児童解消へ期待 空き家改修、NPOが運営(「こどもの家かがやき」)
胆江含む北上川下流地帯 水稲作柄「平年並み」 15日現在 予想収量も前年レベル(東北農政局)
逸品そろえ今年も開店 笑顔の接客 もてなしの心 メイプル会場、来月3日まで(水沢商高「ござえんちゃハウス」)
災害時想定し学ぶ避難所運営の手法 来月11日水沢で講座(市社会福祉協)

【社会面】
本県の産学官連携組織INS 水沢で研究会 人口減時代迎え地方創生いかに 情報共有し展望(市役所本庁)
日照不足もまずまず 本年産米1965袋を初検査 1等1102袋(JA江刺)
芸術の秋 到来 市民芸文祭 各種作品展始まる(水沢)
87人を表彰、たたえる 秋の優良運転交通安全功労(水沢署管内)
願うは輪禍ゼロ 国道4号で街頭啓発(金ケ崎町交通指導隊)

【第2社会面】
交通安全 園児愛らしく 高齢者宅巡り呼び掛け(江刺)
秋の江刺のまち そぞろ歩き一句 来月3日、逍遥俳句大会(江刺生涯学習センター)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-09-29 09:46:38 (442 ヒット)

 胆江地方に大きな被害をもたらしたカスリン台風の襲来から今年で70年。前沢区の市立前沢図書館(小野寺正幸館長)では、地域の備えの在り方や防災意識を啓発する企画展が開かれている。アイオン台風の被害も交え、当時の地域史や記録集、情報雑誌など関連資料約30点を展示。過去から学び、日頃から万全に備える必要性を伝えている。11月16日まで。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-09-29 09:44:59 (336 ヒット)

【1面】
安倍政権 是非問う 衆院解散、総選挙へ 改憲や原発など争点 来月10公示、22日投開票 小沢氏(自由)藤原氏(自民)立候補予定(新岩手3区)
銀盤 準備着々 ウインタースポーツの季節へ(金ケ崎・屋内スケート場)

【社会面】
与野党 対決姿勢強めるも 有権者 反応冷ややか(衆院解散・総選挙)
偉人顕彰と奉仕の心込め 斎藤記念館竹垣を補修(水沢農高造園専攻)
モンスターブラックホール誕生過程解明に一役 東大などの研究グループ(スパコン「アテルイ」)
自分らしく生き生きと 高橋安三郎さん(水沢)に贈呈(本年度内閣府「エイジレス章」)
高齢女性はねられ死亡 金ケ崎大橋上 事故車回避のトラックに(国道4号)

【第2社会面】
9月定例会を振り返る 16年度決算全13件認定 人口減少見据え健全財政へ一層 新市立病院建設 丁寧な計画策定と十分な市民説明を(市議会)
カスリン・アイオン台風から70年 過去に学び 災害に備え 当時の記録集・情報誌や新聞 各種資料を展示(前沢図書館企画展)
見つめ直す運転技能 高齢ドライバー対象に安全講習(江刺)
多彩に恒例秋まつり 来月14、15日 体験催し、苗の抽選も(江刺・県立緑化センター)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-09-28 09:36:08 (508 ヒット)

 金ケ崎町六原の県立花きセンターで26日、高齢者を対象に園芸福祉講座が開かれた。同町社会福祉協議会の通所介護事業所利用者ら24人がフラワーアレンジメントに挑戦。同センターで栽培しているスプレーギク約20種類とススキなどを組み合わせ、秋らしいお月見アレンジを完成させた。
 花や緑に親しむ機会を通じ、暮らしの中に潤いや癒やしを感じてもらおうと企画。同センターでは、生産者研修用に約100種のキクを栽培しており、講座で活用することで品種改良により花姿が多様化しているキクの魅力を伝える機会にもしている。


« 1 ... 139 140 141 (142) 143 144 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動