岩手県奥州市、金ケ崎町の地域紙。第2回ふるさと新聞アワード(2022)グランプリ & Googleアワード受賞。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2023-02-22 09:39:03 (412 ヒット)

 県立岩谷堂高校(軍司悟校長、生徒285人)の3年生4人が、同校周辺の飲食店や商店計4店舗を紹介するオリジナルのパンフレットを完成させた。新型コロナウイルス禍で人の往来が減っている中、地元江刺の魅力をあらためて知ってもらう一助にしようと卒業研究として取り組んだ。多くの人の手に渡り、地域の盛り上げにつながればと願っている。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2023-02-22 09:37:44 (370 ヒット)

【1面】
24年度末廃止の方向 4月以降、利用者説明会 2年間は市直営(江刺・ささらホール)
県立高入試の全日制調整後志願倍率 胆江平均0・78倍(県教育委員会)
予算審査委を設置(市議会2月定例会)
10月導入のインボイス制度 申請済・予定8割超(市内事業所)

【総合】
企業の7割超「人手不足」 需要回復伴い深刻化(東京商工リサーチ)

【社会面】
地元江刺を盛り上げ隊! 卒業研究で取材・編集 往来減るコロナ禍に活気 店舗の魅力 紹介パンフ(岩谷堂高3年生)
果たす役割 再認識 民生・児童委員研修会、3年ぶりに(Zホール)
なるぞ!星の博士 星座早見盤を手作り(水沢Z分団)
手話で学ぶ自己紹介 初心者教室スタート(水沢)
県内の感染状況 新規患者338人(新型コロナ)

【第2社会面】
救急業務 課題を分析 奥州金ケ崎消防本部の隊員ら データ基に研究発表(水沢)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-05-01 09:44:44 (4680 ヒット)

 新型コロナウイルスの農業関係への影響を巡り、JA岩手ふるさと(後藤元夫会長)とJA江刺(小川節男組合長)、市は30日、市役所本庁で意見を交わした。インバウンド需要減やイベント自粛などで牛肉の消費が大幅に落ち込む畜産分野について、市は生産者の経営支援策を早急に検討する。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-04-30 09:54:07 (9795 ヒット)

 ゴールデンウイークに突入した29日、水沢区に本格的な春の到来を告げる伝統の祭典「日高火防祭(ひぶせまつり)」の本祭が水沢市街地で繰り広げられた。かわいらしい“お人形さん”が登場する絢爛豪華なはやし屋台が目抜き通りを巡行し、笛や太鼓、三味線のみやびやかな音色を響かせた。地元厄年連も創作演舞で躍動し、古里に活気を呼び込んだ。


« 1 ... 141 142 143 (144)
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動