岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-09 09:38:42 (288 ヒット)

 胆沢南都田のラーメンショップ奥州店(田中元代表)は、子どもたちの冬休み期間に合わせ、最大100円のワンコインで食事を提供する「子供食堂」をオープンさせた。ひとり親家庭に育ち、幼少期の食育に思いを寄せる田中代表(34)=水沢西田=は「ひとり親や共働きの家庭が増える中、子供食堂を通じて親子水入らずの時間を過ごし、身も心も満たしてもらえれば」と願う。
 一関市出身の田中代表は、波乱の10代を経て、現在は奥州店を含む県内3カ所でラーメンショップを経営している。自身の経験を生かし、唯一サポートできるのが「料理」と一念発起し、今冬から「子供食堂」を始めた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-08 09:38:00 (203 ヒット)

 江刺愛宕の愛宕保育園(加藤晋園長、園児120人)で7日、七草がゆを食べる会「パワーアップ!春の七草」が開かれた。年長、年中児48人が春の七草を学び、七草がゆを味わって1年間元気に過ごすことを誓った。
 年中行事から伝統を学び、季節を感じる心を育てようと毎年実施している。講師には胆沢若柳在住の野菜ソムリエ高橋千鶴子さん(56)を招いた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-07 09:38:50 (191 ヒット)

 第31回黒石親子ジャンボかるた大会は6日、水沢黒石町の市立黒石小学校グラウンドで繰り広げられた。ユニークなイラストが描かれた巨大絵札を目掛け、子どもも大人も雪上にダイブ。寒さを吹き飛ばすように全力で駆け回り、冬の思い出に彩りを加えた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-06 09:38:55 (200 ヒット)

 江刺藤里の4区集落で受け継がれてきた田中白山大権現舞は5日、約35年ぶりに正月の門付けを復活させた。4代目を担う男性8人が、集落内の8世帯を巡り舞を披露。老若男女が獅子頭に頭をかまれ、一年の無病息災と家内安全を祈った。正月の風物詩の復活を喜び、地元住民が権現舞の一行をもてなした。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-05 09:40:44 (220 ヒット)

 市の2019年市民新年交賀会は4日、水沢佐倉河のプラザイン水沢で開かれ、各種団体役員や市議、市民ら約250人が一年の幕開けを祝った。席上、本年度の市勢功労者6人と市長特別表彰1人に表彰状、地域振興功労者1人に感謝状が贈られた。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動