岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-25 09:35:48 (218 ヒット)

 水沢商業高校ワープロ部3年の土谷和奏(わかな)さん(18)、菅原柊人(しゅうと)君(17)、柴田大地君(18)は今月4日に都内で開かれた第65回全国高校ワープロ競技大会に岩手代表として出場し、団体の部で8位入賞を果たした。同校の団体入賞は2年ぶりで、来年度の本県の全国大会出場枠を一つ増やした。個人では柴田君が、水沢商にとって7年ぶりとなる3位に輝いた。3人は仲間との絆をかみ締め、充実の表情で部活動を締めくくった。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-24 09:37:01 (236 ヒット)

 金ケ崎町立幼稚園再編計画策定委員会(会長・板宮成悦三ケ尻幼稚園長)は23日、町役場で第4回委員会を開き、町立幼稚園の統廃合基準と町立南方幼稚園を認定こども園として2020年4月に開園する再編計画素案を了承した。文言修正した上で、9月中に町議会や住民、保護者説明を実施。10月中の計画策定を目指しており、11月の園児募集に向け周知を図っていく。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-23 09:31:05 (345 ヒット)

 金沢大学名誉教授の上田正行氏ら近代文学研究者が、水沢吉小路の市立斎藤實記念館(安倍初雄館長)に明治・大正期に発行された幻の雑誌「台湾愛国婦人」が国内最多となる55冊所蔵されていることを確認した。同誌を長年研究してきた上田氏によると、確認された55冊のうち36冊が日本国内で唯一現存するもので、「新発見」に値するという。当時活躍していた伊藤左千夫などの作家や与謝野晶子といった歌人の作品を掲載しており、特に泉鏡花は同誌が初出となる作品もあり貴重。安倍館長は「近代文学研究にとって非常に貴重なものと聞き、本当に驚いている。これらの雑誌が所蔵されているのは婦人会活動に熱心だった春子夫人とのつながりも考えられる」と推察する。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-22 09:41:15 (245 ヒット)

 胆沢平野土地改良区(及川正和理事長)の第1回臨時総代会は21日、水沢北田の同改良区事務所会議室で開かれた。総代定数77人のうち73人が出席(欠員2、欠席2)し、17(平成29)年度一般会計収支決算など10件を承認。局地的豪雨によって被害を受けた水路の復旧費用などを計上した18年度一般会計収支第4次補正予算など7議案を原案通り可決した。豪雨対策については来年度予算で雨量計の増設などを行い、きめ細かな排水対策を講じる方針も示された。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-08-21 09:38:33 (240 ヒット)

 市民活動支援センターのスキルアップ講座はこのほど、水沢横町のメイプル地階で開かれた。「話し合いを可視化する」ファシリテーション・グラフィックをテーマに、新たなアイデアを発想し、合意形成や課題解決に結び付ける手法を学んだ。


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 72 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動