岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-10-18 09:38:28 (264 ヒット)

 「子ども見守り事業所」に指定されている社会福祉法人江刺寿生会(渡辺均理事長)と奥州署(佐々木雅夫署長)は17日、市立水沢南小学校(西前和恵校長、児童661人)で不審者対応訓練に臨んだ。声を掛けられた際の行動や110番通報の手順などを再確認し、万が一の心構えを新たにした。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-10-17 09:39:22 (253 ヒット)

 江刺りんごサポーターの収穫体験会はこのほど、江刺玉里のJA江刺園芸センターなどで開かれた。市内外からサポーター107人が参加。出荷が始まったジョナゴールドを手もぎしたほか、選果場見学などを通じて江刺りんごへの理解を深めた。
 JA江刺(小川節男組合長)による同サポーター制度は09(平成21)年度にスタート。収穫体験はサポーターへの特典イベントで、実際にどのような場所でリンゴが育ち、出荷されるかを知ってもらう狙いだ。
 サポーターたちは、クイズやセンサーを使った選果の見学などで江刺りんごを学習。同センターに隣接する栽培園では、真っ赤に実ったジョナゴールドをうれしそうに選びながら収穫した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-10-16 09:42:06 (222 ヒット)

 腎臓をはじめとする臓器の移植に対する理解・普及を呼び掛ける街頭活動が14日、水沢佐倉河のいわて生協コープアテルイ入り口で実施され、腎臓病患者や腎臓提供経験者で組織する県南腎友会(佐藤典正会長)の会員が、買い物客に啓発メッセージが記されたポケットティッシュを配布した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-10-15 09:40:40 (286 ヒット)

 食や文化など秋を彩るイベントが14日、胆江各地で開かれ、訪れた家族連れらの笑顔が広がった。水沢中上野町の水沢公園広場では恒例の奥州水沢グルメまつりがあり、ジャンボ鉄鍋で作った芋の子汁6000食が振る舞われた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-10-14 09:37:04 (309 ヒット)

 県立水沢工業高校(南舘秀昭校長、生徒418人)の創立50周年記念式典は13日、水沢佐倉河の市文化会館(Zホール)で行われた。歴代校長ら同校の発展に尽力した功労者への表彰やスライド上映などを通じ、ものづくりを支える人材を育んできた半世紀の歩みを振り返り、節目を祝った。


« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動