岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-04-01 09:39:10 (396 ヒット)

 「小さな親切」運動県本部(代表・田口幸雄岩手銀行頭取)は3月30日、町立金ケ崎小6年の鈴木杏奈(あんな)さん(12)=同町西根町裏=に同運動実行章を贈呈。6年以上続けている1人暮らし高齢者の手伝いや訪問活動をたたえた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-31 09:40:26 (4984 ヒット)

 奥州市の地域自治区(旧市町村ごとの区)は、31日に設置期限を迎え廃止される。これに伴い4月1日から住所表示が変わり、「区」の一文字が削除される。住民票や自動車の運転免許証などの変更手続きは不要だが、何らかの手続きで新住所表示の証明証が必要な場合は、同2日から発行する。
 市は住所表示変更に関する情報を、公式ホームページ(HP)や広報で市民に周知。各種手続きについて「官公署に関連するものは原則、変更手続きの必要はない」(政策企画課)と説明する。一方で市は、約1億1000万円を投じ住所表示変更に伴う行政システムの改修を進めた。各自治区境にある区名の表示板は順次修正していき、関連費用は約300万円(市道分)。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-30 09:39:49 (534 ヒット)

 江刺署(太田博之署長)の統合前最後の行事となる署員への「辞令交付式」が29日、行われた。署員約30人が出席し、太田署長から一人一人辞令書を受け取った。訓示では「最後の江刺警察署員であったことを誇りに、この先も職務に精励してほしい」と太田署長が呼び掛け、署員一同の新天地での活躍を願った。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-29 09:38:26 (444 ヒット)

 市観光物産協会(菊池達哉会長)の臨時総会は28日、市役所江刺総合支所で開かれ、18(平成30)年度の事業計画と損益予算の2議案を原案可決した。
 今年7月からは、同協会所有のみずさわ観光物産センター(Zプラザアテルイ)=水沢区西町=の産直部門の運営が、テナント方式から同協会の直営方式に変わる。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-28 09:38:17 (401 ヒット)

 国土交通省土地鑑定委員会は28日付官報で、18(平成30)年1月1日現在の標準地地価(1平方メートル当たり)を公示した。胆江地区は、選定替えした水沢区内2地点の標準地を除く継続14地点のうち、12地点で下落、2地点が前年と同額だった。胆江地区で最も高い下落率は、前年に引き続き水沢区中町の商業地で、前年より4・2%ダウンの4万3200円だった。下落幅は前年より0・5ポイント縮小したが、県内の商業地の中で8番目の下落率。盛岡市内の商業地では上昇に転じたところもあったが、多くの市町村で少子高齢化や人口減少、中心商店街空洞化による土地需要の低迷が続いている。


« 1 ... 60 61 62 (63) 64 65 66 ... 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動