岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-20 09:37:36 (355 ヒット)

 市社会福祉協議会(岩井憲男会長)は、福祉教育の充実へ向け、児童生徒の学習を支える人材育成に本腰を入れる。19日には、市民を対象にしたサポーター養成講座を初開催。新年度から学校の依頼に応じて受講者ら市民ボランティアを派遣し、地域に根差した福祉教育を推進する。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-19 09:37:59 (408 ヒット)

 市立教育施設の再編に伴い廃止が決まった水沢区黒石町の市立黒石幼稚園(渡辺清美園長、園児5人)の閉園式が18日、同園で行われた。34年間にわたって地域の子どもたちの成長を見守り続けた園史を締めくくり、伝統を胸に刻んで園舎に別れを告げた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-18 09:38:35 (427 ヒット)

 金ケ崎町議会広報「議会だより かねがさき」第122号(17年4月発行、A4判28ページ)が第32回町村議会広報全国コンクールで優秀賞(3位)を受賞した。全国コンクールでの連続入賞を13年に更新したほか、第36回県コンクールでは第124号(17年10月発行)が特選を受賞。発行責任者の伊藤雅章議長は「議会からボールを投げるだけでなく、いろんな層の町民からボールを投げてもらうことで、議会がぐっと身近になるとの思いで続けてきた。これからもこの姿勢を崩さず編集していきたい」と町民により身近な議会広報の継続発行に意欲を示した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-17 09:40:04 (425 ヒット)

 江刺区米里の市立木細工小学校(土佐野淳校長、児童8人)の卒業式は16日、同校で行われた。本年度唯一の卒業生、菊池明莉(あかり)さん(12)は「6年間の全てが私の力になった。大きな夢を持つことができた。先輩方から引き継いだ伝統を守ろうと必死だったこの一年。今すべてをやり遂げた満足感でいっぱい。中学校でも自分らしさを大切に、前へ進んでいく」と万感の思いを胸に学び舎を巣立った。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-16 09:42:31 (555 ヒット)

 18(平成30)年度県立高校一般入試の合格発表が15日、県内各校で一斉に行われた。春めく陽気の中、胆江地区の高校でも合格者の受験番号が掲示板に張り出され、試練を乗り越えた受験生たちが歓声を上げたり安堵の笑顔を浮かべたりと喜びの輪が広がった。
 水沢区の県立水沢商業高校(佐々木巧校長)では、午後3時に掲示板が掲げられ、合格者94人の受験番号が発表された。中学生たちは自分の受験番号を見つけてはガッツポーズをしたり友人と抱き合ったりと喜びを分かち合った。先輩たちからの熱烈な部活動の勧誘も受け、4月から始まる高校生活に期待を膨らませていた。


« 1 ... 63 64 65 (66) 67 68 69 ... 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動