岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-12 09:39:55 (238 ヒット)

 県立水沢農業高校(神山秀市校長)農業科学科3年の野菜専攻班6人は、2年がかりで赤ネギの魅力を探る研究に取り組んだ。一連の成果をまとめた研究文が全国の舞台で高く評価され、専門高校生徒の研究文・作文コンクールの経済同友会賞を初受賞。共催する産業教育振興中央会の佳作にも選ばれ、メンバーたちは「赤ネギ研究が実を結び、最高の形で学習成果を修められた」と胸を張る。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-11 09:38:06 (272 ヒット)

 外国人市民に対する迅速で的確な救助活動を実現しようと、奥州金ケ崎消防本部(阿部保之消防長)は10日、水沢大鐘町の同本部で多言語通訳対応訓練を初めて実施した。救急隊と通訳オペレーターが連携して情報収集を図り、日本語が話せない傷病者への救急対応力を高めた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-10 09:41:35 (275 ヒット)

 江刺田原の県南家畜市場で9日、和牛子牛市場の初競りが行われ、平均価格78万7457円で取引された。昨年は夏以降、好調な枝肉価格と連動し堅調に推移。今年も月ごとで多少のばらつきは見られても、極端に下落することなく進むとの見方が強い。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-09 09:38:42 (384 ヒット)

 胆沢南都田のラーメンショップ奥州店(田中元代表)は、子どもたちの冬休み期間に合わせ、最大100円のワンコインで食事を提供する「子供食堂」をオープンさせた。ひとり親家庭に育ち、幼少期の食育に思いを寄せる田中代表(34)=水沢西田=は「ひとり親や共働きの家庭が増える中、子供食堂を通じて親子水入らずの時間を過ごし、身も心も満たしてもらえれば」と願う。
 一関市出身の田中代表は、波乱の10代を経て、現在は奥州店を含む県内3カ所でラーメンショップを経営している。自身の経験を生かし、唯一サポートできるのが「料理」と一念発起し、今冬から「子供食堂」を始めた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-01-08 09:38:00 (252 ヒット)

 江刺愛宕の愛宕保育園(加藤晋園長、園児120人)で7日、七草がゆを食べる会「パワーアップ!春の七草」が開かれた。年長、年中児48人が春の七草を学び、七草がゆを味わって1年間元気に過ごすことを誓った。
 年中行事から伝統を学び、季節を感じる心を育てようと毎年実施している。講師には胆沢若柳在住の野菜ソムリエ高橋千鶴子さん(56)を招いた。


« 1 ... 5 6 7 (8) 9 10 11 ... 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動