岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-25 09:39:16 (174 ヒット)

 市観光物産協会衣川支部(三浦秀夫支部長)主催の「じんば祭り 落語VS講談いわて王座決定戦」が23日、衣川日向の衣川歴史ふれあい館で開かれた。県内の落語家・講談師計6人が自慢の話芸で聴衆を楽しませ、奥州衣川青凜会会員で前日の予選会を勝ち上がった神楽正司さん(73)=本名・千葉正司、衣川清水の上=が優勝した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-24 09:40:20 (175 ヒット)

 JA江刺(小川節男組合長)は、20(令和2)年産新米の販売に合わせ、「バイオマス30%使用米袋」を新たに導入し、業務用米に使用している。プラスチックごみによる環境汚染の防止への取り組みが加速している社会状況を踏まえて取り入れた。「江刺金札米」が来年100周年の節目を迎えるのに当たり、環境に配慮して取り組む「江刺型農業(循環型農業)」を次世代につなぐ決意を新たにしている。
 バイオマスは、生物由来の持続的に再生可能な有機性資源。燃焼させた際に大気中のCO2を増加させず、温室効果ガスの削減につながる。同JAは環境保全を図り、石油資源の節約にもなる植物由来原料30%使用のポリ米袋を導入。同JAのブランド米「江刺金札米」の100周年記念事業の一環に位置付ける。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-23 09:41:52 (194 ヒット)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、胆江管内でも数々の舞台・演劇が中止や延期、規模縮小などに追い込まれている中、瑛子語り草子の会(高橋瑛子代表)は22日、水沢東大通りの「うらら小劇場」で無観客公演「第1回持ち寄りシアター」を開催した。稽古の成果を披露する場を失っていた愛好者らが朗読や演劇、落語などそれぞれの一芸を持ち寄り発表。感染防止対策を徹底しながら久しぶりの舞台を楽しんだ。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-22 09:37:55 (238 ヒット)

 第41回市南部鉄器まつり(同まつり実行委員会主催)は21日、オンラインで始まった。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、恒例の即売会や各種催しを中止したが、初の試みとして水沢鋳物工業協同組合サイト内の“まつり会場”で商品を5割引きで販売。初日から人気を集めている。JR水沢江刺駅近くの市伝統産業会館では奥州南部鉄器展などを開催しており、職人たちの技を間近にできる。いずれも23日まで。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-21 09:38:12 (197 ヒット)

 県は20日、金ケ崎町六原の県立農業大学校(菊池徹哉校長、学生97人)で、県政懇談会「いわて幸せ作戦会議in金ケ崎」を開いた。来春に卒業を控える同校の2年生7人が、「農業による自己実現とふるさと(岩手)への思い」をテーマに、達増拓也知事と意見交換。地域農業の担い手として活躍が期待される学生たちが、古里の振興に懸ける思いや目標、夢を語った。


« 1 (2) 3 4 5 ... 73 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動