岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-05-20 09:39:47 (375 ヒット)

 いわて奥州きらめきマラソン(同マラソン実行委員会、市など主催)は19日、前沢いきいきスポーツランドを発着点に繰り広げられ、全国各地から5306人(エントリー6123人)がスタートラインに集結。時折吹き付ける風にランナーが苦しむ場面も見られたが、沿道から送られる市民らの声援やボランティアのおもてなしを受けながら新緑まぶしい初夏の奥州路を駆け抜けた。マラソン男子総合優勝には、地元のTEAMアテルイに所属する清水翔一朗さん(32)=一関市山目=が2時間29分43秒で初の栄冠に輝いた。
 市内三大大会を統合し、3回目を迎えたきらめきマラソン。「自分史上最高のRun 市民史上最高のFun」をテーマに掲げ、日本陸上競技連盟公認のコースでフルマラソン(42・195キロ)をはじめ、10キロ、2キロの3種目が繰り広げられた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-05-19 09:37:33 (266 ヒット)

 日本宇宙少年団水沢Z分団(佐々木孝分団長)は18日、水沢星ガ丘町の奥州宇宙遊学館で開講式を行い、本年度の活動をスタートさせた。市内外の園児から高校生まで45人の団員が年間を通じ、宇宙や科学について探究する。
 開講式には団員と保護者ら約60人が出席した。佐々木分団長は「天文台がブラックホールの撮影で全世界的に有名になっている中でスタートを切る。楽しい1年間にしていきたい」とあいさつ。団員代表の朝倉千暁君(市立常盤小1年)と菊地陽莉さん(市立水沢南小1年)に団員証を授与した。分団の名誉顧問を務める田面木茂樹教育長は「1年間いろいろなことを経験し、失敗も通じながら、科学と宇宙の不思議を学んでほしい」と激励した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-05-18 09:39:07 (282 ヒット)

 斎藤實顕彰会の本年度総会は17日、水沢吉小路の斎藤實記念館旧宅で開かれた。昨年度から展開してきた生誕160年記念事業の締めくくりとして、本年度は春子夫人の記録集を作製。斎藤の命日に当たる来年2月26日の発刊を目指し、編集作業を進める。9月には春子夫人をしのぶ座談会も予定しており、内容を盛り込む計画だ。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-05-17 09:39:11 (217 ヒット)

 ダンスを通して表現力を身につけていく、ISAWAダンスアカデミー(NPO法人胆沢文化会館自主事業協会主催)が、本年度も始動した。小学生から一般まで39人がレッスンに臨み、12月8日の発表会に向けて楽しく学び合う。
 同アカデミーは、▽ジュニア(小学1ー6年生)▽マスター(小学5年生ー一般)、▽チャレンジ(中学生ー一般)ーーの3コースで構成。一関市ではなダンスカンパニーを主宰する小笠原華さんを講師に迎え、計37回のレッスンを通じてダンスの基礎と表現力を身に付けていく。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-05-16 09:37:49 (236 ヒット)

 今年10月1日に予定される消費税率10%への引き上げに併せ、「軽減税率」が導入される。対象品目の税率が8%のまま据え置かれるこの制度について、水沢西上野町の水沢税務署(佐藤康幸署長)で事業者向け説明会が開かれており、参加した事業所職員らが制度の内容や業務での対応に理解を深めている。説明会は16、17の両日も開催される。


« 1 ... 10 11 12 (13) 14 15 16 ... 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動