岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-10 (304 ヒット)

 北郷 拓氏(きたごう・ひらく=胆江日日文化賞受賞者)7日午前11時25分、老衰のため市内の病院で死去、93歳。水沢出身。自宅は水沢字不断町24。火葬は10日午後2時から水沢佐倉河字東鍛冶屋44、さくらぎ苑。葬儀・告別式は12日午前11時から水沢中上野町5の19、安心堂中上野店で。喪主は次男隆生(たかお)氏。
 旧水沢緯度観測所(現・国立天文台水沢VLBI観測所)に43年にわたり勤務。主任研究官、助教授として浮遊天頂儀などを用いた観測に携わった。
 退官後、1992年1月から2002年3月まで、旧水沢市立図書館長に就任。図書館の効率的運営と施設整備を推進し、文部科学大臣表彰視聴覚教育功労者などを受賞した。
 小倉百人一首かるた競技の腕前も高く評価され、全日本かるた協会主催全国大会を水沢で初めて開くなど、かるた競技の普及に尽力。全日本かるた協会北海道・東北支部長、県かるた協会長、水沢かるた協会長を歴任。これらの功績が認められ、04年度の旧水沢市勢功労者表彰、13年3月には第15回胆江日日新聞文化賞を受賞した。

 ◇葬儀会場が変更
 水沢の安心堂中上野店で12日予定されていた葬儀は、安心堂日高店(水沢大畑小路64の1)に変更になった。時間は午前11時から。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-07-05 (1110 ヒット)

 明神 キヨ子氏(みょうじん・きよこ=市議)3日午後9時ごろ、愛知県刈谷市内のホテルで死去、70歳。死因は溺死。江刺出身。自宅は江刺愛宕字土花123。火葬は7日午後2時半から水沢佐倉河字東鍛治屋44、さくらぎ苑。葬儀・告別式は14日午後1時半から、江刺岩谷堂字反町362の6、ごくよう江刺会館で。喪主は夫の正文(まさふみ)氏。

明神キヨ子市議が死去
愛知県視察中
滞在先のホテルで

 市議の明神キヨ子(みょうじん・きよこ)氏が4日朝、行政視察先の愛知県刈谷市内のホテルで亡くなっているのが見つかった。70歳。江刺出身。自宅は江刺愛宕字土花。死因などを調べているが、事件性はないという。
 市議会事務局によると明神氏は、建設環境常任委員会の同僚議員らと、3日から2泊3日で愛知県や京都市を訪問する予定だった。初日は同県豊田市議会視察を終え、刈谷市内のホテルに宿泊。翌朝、朝食会場に姿が見えず、本人にも連絡したが通じなかったため、ホテル側に事情を説明し客室を調べたところ、浴室内で発見された。
 明神氏は測量会社を営む傍ら、13年にJA江刺初の女性理事に就任、現職だった。昨年3月の市議選に出馬し初当選。建設環境常任委員、奥州金ケ崎行政事務組合議員を務めていた。奥州商工会議所女性会長、胆江地区婦人消防連絡協議会長なども歴任した。
 同常任委は、予定していた視察のうち最終日の視察を中止した。

 ◇補選は行われず
 現職市議明神キヨ子氏(70)の死去により、市議会の欠員は2人になるが、公職選挙法の規定により、補欠選挙の条件である定数の6分の1超には該当しないため、補選は行われない。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-06-28 (512 ヒット)

 伊藤 義夫氏(いとう・よしお=旧衣川村議)26日午後8時50分、廃用症候群のため市内の病院で死去、82歳。衣川出身。自宅は衣川清水の上50。火葬は29日午前11時から水沢佐倉河字東鍛治屋44、さくらぎ苑。葬儀・告別式は7月1日午後2時半から前沢字七日町裏55、ごくよう前沢会館で。喪主は長男博(ひろし)氏。
 1979(昭和54)年から1期、87(同62)年から連続2期にわたり、旧衣川村議会議員を務めた。


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動