岩手県奥州市、金ケ崎町の地域紙。第2回ふるさと新聞アワード(2022)グランプリ & Googleアワード受賞。
胆江日日新聞
pickup : 県交通路線廃止に伴う代替バス 「水沢金ケ崎線」が発車 ナンバーは大谷選手の17
投稿者 : tanko 投稿日時: 2024-04-02 09:41:26 (293 ヒット)

 岩手県交通?の路線バス廃止に伴う代替路線バス「水沢金ケ崎線」の出発式は1日朝、胆沢病院バス乗り場で行われた。江刺地域を走る市営バスの車両を市が運行会社の(株)野口(江刺愛宕、佐藤幸弘代表取締役)に貸与。同社は水沢出身の米大リーガー、大谷翔平選手の背番号「17」と同じナンバーを付けるなど、話題性を持たせることで、幅広い客層の利用につなげたい意向だ。

 出発式には倉成淳市長、佐藤代表(57)のほか、バス路線存続の署名運動を展開した県立金ケ崎高校の生徒4人も出席。倉成市長は「公共交通を取り巻く環境は年々厳しくなっているが、持続可能なシステムの構築に努めたい」とあいさつした。利用者代表として同校3年の佐々木佳乃さん(17)が「バスの継続利用ができてうれしい。新年度もどうぞよろしくお願いします」と運行関係者に感謝の言葉を述べた。
 テープカットに続き、生徒4人と同校の三森健校長が初便に乗車し、学校へ向かった。
 同社は大谷選手の知名度を生かして代替バスをPR。側面窓に所属チーム、ドジャースのロゴをイメージした飾りを取り付けた。毎月17日には利用客に数量限定のプレゼントも用意するという。
 佐藤代表は「バスを必要としている人がいる以上、地域への恩返しの思いでやらなければと感じ手を挙げた。他地域ではピンク色のタクシーを走らせ人気を集めている例もある。『奥州に行けばこんなバスに乗れる』ということをアピールしたい」と意気込んでいた。
 市公共交通対策室によると、運行情報サイト「バス予報」では準備が整い次第、現在地や到着予定時刻を確認できる。定期券は水沢駅前の県交通窓口で販売している。
写真=県交通路線バス廃止に伴う代替路線バス「水沢金ケ崎線」の出発式


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動