岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-03-30 09:39:08 (35 ヒット)

 水沢区高屋敷の市川正治さん(96)は、同区内の児童センター運営に役立ててもらおうと、市社会福祉協議会(岩井憲男会長)に80万円を寄付した。市川さんの善意は、市社福協を通じて区内8カ所の児童センターに配分され、遊具や備品の購入などに役立てられる。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-03-29 09:49:47 (84 ヒット)

 第11回全国和牛能力共進会宮城大会(全共宮城大会、9月開催)に出品する本県代表牛の候補を決める県予備選抜会は28日、江刺区田原の県南家畜市場で開かれた。7月26日開催の県最終選抜会に進む2部門(第2、3区)の候補牛計28頭が決まり、胆江地区からは12頭が選ばれた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-03-28 09:43:04 (105 ヒット)

 胆沢区南都田の高齢者総合福祉施設ぬくもりの家(福田あつ子施設長)で27日、本年度最後の里孫交流活動が実施された。地元児童と施設利用者が互いに感謝の気持ちを伝え合い、一年間育んだ「ぬくもり」を新年度へとつなげた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-03-27 09:53:16 (161 ヒット)

 胆江地方の春祭りのトップを切って、水沢区の羽田町火防祭が26日、繰り広げられた。優雅な鋳物屋台「羽田町剣ばやし」が、歩行者天国にした羽田町本町通りを練り歩き、羽田ふるさと音頭がにぎやかに響くなど「鋳物のまち」に春を呼び込んだ。
 日中の気温は平年並みだったものの、雲が空を覆う肌寒い一日に。それでも祭り参加者たちは、春の訪れを告げるように多彩な催しに威勢よく臨んだ。
 33歳厄年連「闘丑舞伝(とうぶでん)」(及川良会長)の先導で、全長6メートル、幅3メートル、高さ4メートルの鋳物屋台が姿を現すと、会場は一気にみやびな雰囲気に。屋台上のお人形さんたちも掛け声をそろえ、伝統の祭典に花を添えた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2017-03-26 09:39:46 (133 ヒット)

 アイスホッケーの第21回県南カップ(同カップ開催実行委員会主催)は25日、金ケ崎町・みどりの郷スケートリンクで開幕した。初日は小学校高学年の部など計8試合が行われ、地元の水沢ドルフィンズは石巻ジュニア(宮城)を4ー1で下し、白星スタートを切った。26日まで。
 大会には、小学生高学年の部に東北各地から7チームが出場。小学校低学年の部は合同チームなどによる紅白戦を実施したほか、園児によるエキシビションも行われ、会場を盛り上げた。
 第1試合「水沢ドルフィンズー石巻ジュニア」は、開始早々に先制を許した水沢が、第2ピリオド以降、リズムに乗った攻撃で反撃。大山智行選手(金ケ崎5年)、伊藤怜生(れお)選手(水沢4年)がそれぞれ2得点を挙げる活躍をみせ、4ー1の逆転勝ちを収めた。


(1) 2 3 4 ... 73 »
購読のお申込み
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動