岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-10-24 09:36:41 (51 ヒット)

 カヌージャパンカップ(日本カヌー連盟、市実行委員会主催)は23日、胆沢若柳の奥州いさわカヌー競技場で始まった。急流をこいで速さを競うワイルドウオーターが行われ、男女決勝で県勢が健闘。紫波町の山田茉未選手(31)=岩手中央農協=が優勝し、「応援をいただいて力を発揮できた」と笑顔を見せた。24日は奥州市の選手もエントリーするスラロームが行われる。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-10-23 09:39:11 (108 ヒット)

 金ケ崎町永栄のホテルみどりの郷(佐々木司社長)は、若手女性社員でつくるプロジェクトチームが中心となり、自社栽培のイチゴやリンゴなどの果物を使った新たな土産物の開発と販売に乗り出した。菓子やジャム、入浴剤など計6品を商品化。敷地内の温室で水耕栽培したレタスの販売も始めたほか、自社農園で収穫した珍しい品種のサツマイモを加工したスイーツメニューも併設のカフェで23日から提供する。新型コロナウイルスの影響で経営に打撃を受けたが、趣向を凝らした6次産業化商品で打開を図り、地域の活性化にもつなげたい考えだ。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-10-22 09:37:24 (202 ヒット)

 市が示した4公立幼稚園の「2年保育」変更に対し、保護者や地域住民から反対の声が上がっている。20日まで開かれた地域説明会では、間もなく来年度の入園申し込みが始まる時期の発表に不満が噴出。これまで具体的な統廃合の協議がなされてこなかったにもかかわらず、3歳児の受け入れを停止することに反発が起こり、白紙撤回を求める意見が多く出された。市は先送りできない事情を説明しながら「検討し再度判断する」としており、対応を迫られている。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-10-21 09:37:30 (183 ヒット)

 市は、市産食材を積極的に販売・PRし、市の地産地消事業に賛同する直売所・量販店・小売店などを「おうしゅう“まるかじり”応援の店」として認定する取り組みを始めた。初回は、申請に基づき市内17店舗を認定。市役所本庁で20日、交付式を行った。「おうしゅうまるかじりの日」(毎月第4土曜日)のPRや市の事業との連動などで協力してもらい、地産地消のさらなる推進につなげる。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-10-20 09:38:40 (158 ヒット)

 奥州市前沢、一関市舞川、平泉町長島にまたがる束稲山麓地域の世界農業遺産認定申請に係る承認と、日本農業遺産の認定に向けた現地調査は19日、一関市狐禅寺の北上川学習交流館あいぽーとなどを会場に実施された。
 世界農業遺産は、世界的に重要かつ伝統的な農業を営む地域を国連食糧農業機関(FAO)が認定する制度。日本農業遺産に認定された上で、国が世界農業遺産の申請にふさわしいと判断すれば、FAOに申請できる。


(1) 2 3 4 ... 73 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動