岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-01-20 09:32:55 (51 ヒット)

 住民らが口コミで身近な人たちに健康意識を広める金ケ崎町の「健幸アンバサダー」事業が19日、スタートした。同日開かれた町主催の養成講座を受けた住民ら49人を1期目のアンバサダーとして認定。初年度に100人を認定する計画で、健康づくりに取り組む町民を効率的に増やし、高齢化社会が進む中でも医療費や介護費の高まりを抑えていきたい考えだ。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-01-19 09:42:08 (190 ヒット)

 記録的な大雪に見舞われた昨冬に続き、胆江地方は今シーズンも連日の降雪に悩まされている。市街地や住宅地では、除排雪が追い付かず路肩や歩道脇に雪山が出現。先週の前半には暴風雪が吹き荒れる冬の嵐となり、倒木や建物被害も発生した。民家などの屋根に積もった雪は数十センチにも及び、軒下への落雪や雪下ろし作業中の事故に注意が必要だ。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-01-18 09:39:13 (153 ヒット)

 市内の幼児、小中高生による「奥州こども芸術発表会」は16日、水沢佐倉河の市文化会館(Zホール)で開かれた。邦楽や郷土芸能など、これまでの稽古で磨いた芸を堂々と披露。客席の家族らに成長した姿をみせた。
 市文化遺産活用実行委員会と市芸術文化協会が主催。同協会が主催する「おうしゅう伝統文化親子教室」の受講生をはじめ、郷土芸能など芸術文化継承に励んでいる子どもたちの発表の場として毎年開催している。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-01-18 09:37:46 (190 ヒット)

【1面】
市長選控え「骨格」も3・5%増の584億円 三セク債償還など要因(新年度の市一般会計当初予算案)
お産の場 胆江ゼロに 水沢の個人院 3月末で分娩休止へ(胆江医療圏域)
一般高齢者 来月から 市も前倒し 集団会場を開設(コロナワクチン3回目接種)
木戸口氏(立民)再選出馬へ 正式表明、公認を上申(参院選岩手)

【社会面】
22年産米作付け支援 10アール当たり2000円補助 価格下落で方針(市)
和の伝統に向き合う 子どもたち成果披露 市芸文協など主催し発表会(水沢)
26頭 東京食肉市場へ 「江刺牛」が初出荷(JA江刺)
「どんど焼き」開き 正月飾りたき上げ コロナ収束など願う(衣川・北股地区)
県内11人、奥州管内は1人 二つの新感染集団も(新型コロナ)

【第2社会面】
親子交流の機会確保 認定こども園 駒形こどもの杜 コロナ影響 行事中止等受け対応(水沢)
冬の野鳥 じっくり観察 環境団体 奥州めぐみネット 市民向けに講師解説交え(江刺)
巨大絵札に飛び込め! 風物詩「かるた大会」(水沢黒石)


投稿者 : tanko 投稿日時: 2022-01-17 09:36:59 (170 ヒット)

 大田代教育振興会(佐藤潔会長)主催の小正月行事が16日、3年ぶりに江刺の市立大田代小学校(小野寺清校長、児童15人)で繰り広げられた。本年度末に閉校を予定する同校にとっては最後の小正月行事。児童たちは、農はだてやミズキ団子の飾り付け、餅つきなど昔ながらの風習を地域住民らと共に楽しみ、世代間交流を深めた。


(1) 2 3 4 ... 73 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
水沢信用金庫
奥州市観光物産協会バナー
岩手銘醸バナー

胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動