岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-06-19 09:39:49 (99 ヒット)

 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)が大きく貢献した、人類初のブラックホール撮影の快挙にあやかり、水沢菓子組合(千葉亮組合長)は、ブラックホールをテーマにした菓子開発事業を本格始動させた。「オウシュウ・ブラックホール・プロジェクト」と銘打ち、同組合の7社がそれぞれの持ち味を生かし内容の異なる菓子やパンを商品化。8月24日に同天文台水沢キャンパスで開かれる施設公開イベント「銀河フェスタ」で、お披露目する予定だ。菓子発売を契機に、天文台があるまち水沢のPRにつながればと、本間所長や地元経済団体は期待を寄せる。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-06-18 09:37:11 (134 ヒット)

 本年度「科学技術分野の文部科学大臣表彰・創意工夫功労者賞」に、金ケ崎町内3企業に勤める16人が選ばれた。17日、町役場で受賞報告会があり、高橋由一町長ら町三役が栄誉をたたえた。
 同賞は、優れた創意工夫で作業効率や品質の向上、コスト軽減など、技術の改善向上に貢献した実績を表彰する制度。本年度は全国で965人が受賞。本県からは10社28人が選ばれ、都道府県別の受賞者数は全国で6位、東北地方では8年続けて最多だった。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-06-17 09:36:00 (122 ヒット)

 水沢森下の協和学院水沢第一高校(伊藤勝校長、生徒363人)は、台湾の台北市立大理高級中学(楊廣銓(ヤングアンチュエン)校長、生徒約1200人)と姉妹校協定を結んだ。15(平成27)年度から継続してきた両校の交流活動を一層推進し、生徒の外国語コミュニケーション能力向上や視野を広げるなど、国際感覚の育成につなげていく。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-06-16 09:38:02 (139 ヒット)

 水沢佐倉河の県立産業技術短期大学校水沢校(千葉則茂校長、学生76人)のオープンキャンパスは15日、同校で行われた。高校生や保護者らが、校内の見学や実習体験を通し、キャンパスライフを間近にした。
 水沢校では生産技術、電気技術、建築設備の3科を開設。2年課程で実践的な技術者を養成している。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2019-06-15 09:37:08 (219 ヒット)

 前沢地域のふれあい・いきいきサロン「ござえん茶」は1997(平成9)年、旧前沢町社会福祉協議会の「ふれあいのまちづくり事業」として町内20カ所で発足。近隣市町村に先駆けて住民同士の交流を促進し、地域の居場所づくりを進めてきた。同サロンの先進地とも言える前沢地域の取り組みに注目しているのが、町内34カ所でふれあいサロンを開く雫石町社会福祉協議会。抱える課題を整理し解決策を探ろうと、視察研修を企画した。14日、雫石の関係者が前沢を訪れた。


(1) 2 3 4 ... 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動