岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-10-09 (521 ヒット)

 及川 由己氏(おいかわ・よしき=元小学校長)6日午後8時25分、誤えん性肺炎のため市内の病院で死去、86歳。水沢羽田町出身。自宅は水沢東中通り一丁目4の11。火葬は近親者のみで執り行う。葬儀・告別式は10日、水沢中田町5の41、水沢典礼会館で行われ、一般会葬は午後1時から同2時まで。喪主は長男收(あつむ)氏。
 中学校の社会科教員として教壇に立ち、釜石市立白山小、奥州市立佐倉河小、市立水沢南小の校長を歴任。94年3月に退職し、同4月から旧水沢市埋蔵文化財調査センター所長を務めた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-10-07 (891 ヒット)

 及川 幸子さん(おいかわ・さちこ=元県議)5日午後4時58分、動脈瘤解離のため市内の病院で死去、73歳。水沢出身。自宅は水沢川口町35。火葬、通夜は新型コロナウイルス感染予防のため、近親者のみで執り行う。葬儀・告別式は9日、水沢佐倉河字東舘51、安養寺で行われ、一般会葬は午前9時半から同10時15分まで。喪主は夫の右(あきら)氏。
 ライオンズクラブ国際協会302地区事務局員、水沢母と女教師の会会長などを経て、1999(平成11)年の県議選水沢選挙区(当時)に初出馬し当選。連続4期16年務めた。在任中は県土整備委員長、県政調査会長、県競馬組合議会議長などを歴任。07年3月、岩手競馬存廃問題に関連した補正予算修正案を巡り、賛否が拮抗していた県議会内で、競馬存続への賛意を得るために奔走した。道路改良、福祉や教育環境の充実などにも尽力した。


購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動