岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-10 09:39:29 (841 ヒット)

 前線を伴った低気圧の影響で8日夜から9日朝方にかけ県内は風雨が強まり、胆江地方では河川の氾濫や道路の冠水などの被害に見舞われ、自治体は災害対策本部を設置するなど緊張が走った。奥州市では避難勧告を発令。人的被害は同日午後6時現在、確認されていない。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-09 09:46:18 (1103 ヒット)

 市などが胆沢区小山地内に整備を進めている東北自動車道「奥州スマートインターチェンジ(IC)」は4月21日に開通する。本線直結型の自動料金収受システム(ETC)専用ICで、市の中心部近くに位置。整備効果として、物流の効率化による地域産業活性化、救急医療施設へのアクセス性向上による救命率アップ、居住者・来訪者の利便性向上が期待される。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-08 09:38:11 (520 ヒット)

 これで不幸な事故はなくなるーー。江刺区大通りの江刺警察署前を通る国道456号に最新の押しボタン式信号が新設され、6日から運用が始まった。同署前ではこれまで、3人の尊い命が奪われる交通事故が発生していた。信号機設置を要望していた地元の達磨町内会(司東和光会長、20世帯)は「予想以上に早く設置していただき、本当にありがたい。これで安全性が高まる」と喜んでいる。
 同署前の横断歩道では▽99(平成11)年9月7日▽06(同18)年10月5日▽15(同27)年10月18日ーーの3回、交通死亡事故が発生。3人が亡くなった。このうち2人が同町内会の住民だった。一昨年2月、司東会長らは信号機設置の署名活動を展開。近隣住民などに協力を呼び掛け、要望書を同署に提出した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-07 09:41:06 (421 ヒット)

 山梨県都留市在住のシンガー・ソングライターのしらいみちよさんは6日、江刺区男石の真言宗興性寺(司東和光住職)に東日本大震災復興を祈念するウコンザクラの苗木を贈呈した。しらいさんは「将来、桜の木の下に多くの人が集い、ここに犠牲となった方々が息づいていたことなどを語り続けてもらうようになれば」と希望。司東住職は「しらいさんの思いは、寺で続ける沿岸被災地のお見舞い活動の精神にも通じる。活動を展開している地域の仮設住宅跡地に植えることも検討している」と話し、しらいさんのまごころに感謝した。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2018-03-06 09:38:00 (430 ヒット)

 前沢区古城地区の住民有志は、市内でいち早く地域の見守り役「ご近所福祉スタッフ」の組織化に取り組み、地域福祉の実効性を高めている。市社会福祉協議会の小地域ネットワーク事業の再編に伴い、新年度から古城全域が「セーフティネット会議」のモデルに指定され、地域に根差した見守り活動、居場所づくり活動に弾みをつける。


« 1 ... 65 66 67 (68) 69 70 71 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動