岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2021-02-10 09:39:12 (301 ヒット)

 市総合水沢病院(菊池淳院長)など県内4医療機関に9日、新型コロナウイルスワクチンを保管する超低温冷凍庫(ディープフリーザー)が県内で初めて設置された。県内医療従事者へのワクチン接種は3月中旬以降に始まる見込み。胆江2市町は接種に向け準備を進めているものの、国から示される情報では具体的なスケジュールや接種体制などがいまだ見通せず、対応に苦慮している。
 米国製薬大手ファイザー社製のワクチンは、零下75度ほどで管理する必要がある。県によると、9日から17日にかけて県内16の医療機関に冷凍庫が各1台設置されると厚生労働省から連絡があった。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2021-02-09 09:40:48 (200 ヒット)

 県外講師のリモート参加や受講定員削減など、新型コロナウイルス感染防止策を講じた行事開催の工夫が広がる中、重症化リスクが高いことから不特定多数が集まる場への参加に不安を感じる市民もいる。市社会福祉協議会(岩井憲男会長)は新たな試みとして、自宅にいながら講座を受講できるよう、市内のボランティア団体が事前に収録したDVDの配布事業を準備している。受講できる講座は、マッサージとレクリエーションの2種類。障がい者手帳を持つ市民を対象に、無料で行う。10日まで希望者を募っている。先着20人。
 市社福協では、障害者を対象にした講座などを開催しているが、昨年は新型コロナの感染拡大により数々の事業が実施できずに終わった。マッサージとレクリエーションは、元々は昨秋の開催を予定していたが、市内で新型コロナ患者が確認されるなどしたことから事業が立ち消えになっていた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2021-02-08 09:40:11 (248 ヒット)

 「第1回市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」(市主催)は7日、ウェブによるオンライン形式で行われ、市役所本庁の会場と市内外の各地をつないで繰り広げられた。高校生や市民らが自らの目や足で地域の知られざる魅力を発掘・発信するノウハウを学び、市のブランド形成へとつなげた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2021-02-07 09:36:21 (354 ヒット)

 記録的な豪雪で、市民にとって“厄介者”となっている雪を有効活用しようと、公益社団法人水沢青年会議所(水沢JC、佐藤恒一理事長)は、水沢横町の旧ペガサス広場に「幻のスキー場」を造成中だ。新型コロナウイルス感染防止などの観点から利用できるのは11日のみで、参加対象も市内の小学3年生以下(未就学児含む)に限定。制約付きの開催ではあるが、新型コロナでイベントや遠出の機会が奪われている子どもたちに楽しいひと時を提供する。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2021-02-06 09:37:12 (228 ヒット)

 胆沢の市立若柳小学校(千葉真理子校長、児童105人)は文部科学省が掲げるGIGAスクール構想の実現に向け、タブレット端末の利用機会を積極的に設けている。5日は、5年生15人が4年生22人に対してタブレットを使った発表会「もち米作りの1年を4年生に伝えよう」を実施。下級生たちに栽培ノウハウを伝授しながら、?CT(情報通信技術)機器の扱い方や利点についても学ぶ機会とした。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 73 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動