岩手県胆江地域の情報を扱う地方紙。紙面リード記事、市町村や歳時記の紹介。
胆江日日新聞
投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-15 09:36:40 (269 ヒット)

 古代東北の英雄アテルイ・モレの法要が14日、京都市東山区の清水寺(森清範貫主)で営まれた。同寺に慰霊碑が建立されて27回目の法要になるが、今年はコロナ禍ということもあって、参列者は例年の半数にも満たなかった。それでも奥州市民や関西在住の県出身者ら約50人が碑の前に集まり、古代の歴史をしのびながら手を合わせ、ソーシャルディスタンスを取りつつ旧交を温めた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-14 09:38:56 (231 ヒット)

 金ケ崎町は13日、21(令和3)年度の予算編成方針を示した。第11次町総合計画(11次総計)の初年度となる新年度は、町の最重要課題に掲げる人口減少対策に加え、持続可能な行財政運営を引き続き重視する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う企業業績の悪化で税収減が見込まれる中、厳しい財政状況や将来見通しを職員一人一人が共有し、「自立の町」として限られた財源の有効活用に努めるよう呼び掛けた。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-13 09:37:26 (227 ヒット)

 冬の到来を前に、国土交通省岩手河川国道事務所の水沢国道維持出張所(及川俊一出張所長)などは12日、水沢佐倉河の同出張所で除雪機械出動式を行った。昼夜問わず地域住民のライフライン確保に従事する作業員たちが安全を祈願。降雪への備えを万全にした。
 同出張所は、花巻市内(旧石鳥谷町境)から一関市の宮城県境までの国道4号76・2キロを管理。除雪トラックや除雪グレーダー、凍結抑制剤散布車などの車両11台で除雪作業に臨む。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-12 09:39:28 (214 ヒット)

 東京五輪・パラリンピックの来夏開催に向けて興味や関心を深めてもらおうと、「復興五輪出前スクール2020〜復興五輪を楽しもう〜」が11日、金ケ崎町立三ケ尻小学校(田之岡豊校長、児童100人)で行われた。3、4年生計32人が五輪に関するクイズやパラスポーツ体験などを楽しみ、新型コロナウイルスの影響で1年延期となった夢舞台への期待感を高めた。
 東京2020オリンピック・パラリンピック聖火事業等県実行委員会(委員長・石川義晃・県文化スポーツ部長)が主催。来夏の五輪開催を前に、本県での参画機運を高める狙いがある。
 9月から12月にかけ、県内の小学校10校、特別支援学校4校で順次開催。胆江地区では三ケ尻小のほか、支援学校が県立前沢明峰支援学校で12月に予定されている。


投稿者 : tanko 投稿日時: 2020-11-11 09:45:08 (298 ヒット)

 胆沢若柳の明神下遺跡から、平安時代中期(9世紀後期から10世紀前期まで)の餠棟を超える竪穴住居跡が出土し、住居跡から貴族の装身具「石帯」の「■(か)」と呼ばれる飾り石部分8点や、緑釉陶器片1点などが発見された。「■」が1遺跡に8点も出土するのは県内初で、当時の有力者がいた大集落の可能性が高いという。10日、県文化振興事業団埋蔵文化財センターが現地で住民向け説明会を開き、参加した市民ら約80人は往時の営みに思いをはせた。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 73 »
購読のお申込み
新聞広告掲載料金とサイズ案内
新聞掲載写真の販売
困ったときの問い合わせ先
随想・寄稿・文芸などへの投稿
リニアコライダー
胆江地方について
写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動